Windowsには便利なキーボードショートカットが満載

パソコンの入力方法にはペン入力や音声入力など各種ありますが、なんといってもWindowsではキーボードとマウスが主役です。

パソコン上達の近道は、キーボード操作にいち早く慣れることです。基本をきちんとマスターすれば、上司や仲間にも驚かれるほど飛躍的に上達します。

特にノートパソコンをお使いの方にお勧めなのは、ショートカットキーによるパソコン操作です。マウスを使わなくても、大概のことはキーボードでこと足ります。

たとえば、マウスを使わなければできそうもないウィンドウのサイズ変更も、[Alt]キーを押しながら[スペース]キーを押してメニューを表示させ、[S]キーで[サイズ変更]メニューを選択すれば、矢印キーで簡単にサイズを変更できます。サイズが決まったら[Enter]キーで確定します。
 

 

また、名前や地名などの「読み」の分からない漢字を入力する際に大活躍するのがマウスです。「読み」が分からなくても、日本語入力システム(MS-IME)の[手書き]アプレットを使うと、簡単に調べることができます。手書き入力の漢字辞書としても使えて、とても重宝します。まず、言語バーの[IMEパッド]ボタンをクリックします。



ボタンをクリックすると、IMEパッドが表示されます。そして、入力枠にマウスポインタを移動して、「読み」の分からない文字をマウスで描きます。入力枠に一部を入力しただけで、右側に候補となる文字が表示されます。



調べたい文字をマウスでポイントすると「読み」が表示されます。文書に入力したいときはクリックで選択し、[Enter]ボタンで確定します。



この他にも、キーボードやマウスを使いこなす記事がたくさん用意されていますので、ぜひご利用ください。

【関連記事】
  • マウスポインタの場所を探す(Vista XP)
    デスクトップがあまりにも広いと、電話などで作業が中断された際、マウスポインタを見失ってしまうことがあります。この設定をすれば、どんなにデスクトップが広くてもマウスポインタを見失うことはありません。
     
  • スクリーンキーボードを使う(Vista XP)
    スクリーンキーボードを使うと、マウスだけで文字を入力できます。キーロガー対策としても有効です。
     
  • マウスのホイールを使い倒す!
    マウスの中央にあるホイール。前後に回したり押すだけで、面倒な操作が楽にできるようになります。
     
  • ダブルクリックの速度を変える
    パソコンの初心者には意外とむずかしいのがダブルクリック。自分のタイミングに合うようにダブルクリックの速度を調整します。
     
  • マウスポインタの移動速度を調整
    マウスやトラックボールのポインタが移動する速度を調整します。マウスを動かしたとき、マウスポインタの移動が遅い、あるいは速すぎると感じたときは、ここで調整してください。
     
  • マウスポインタを自動移動する
    ダイアログボックスを表示したとき、[OK]ボタンや[はい]ボタンなどの既定で選択されるボタンにマウスポインタが自動的に移動するように設定します。
     
  • 登録した単語を新しいパソコンに引き継ぐ
    得意先名やコンピュータ用語など、よく使う単語を登録しておくと、入力効率が飛躍的に向上します。
    パソコンを新しく購入した場合は、この方法で今まで使いこなしてきたユーザー辞書の内容を引き継ぐことができます。
     
  • 送りがなの基準を変更する
    MS-IMEの送りがなの基準を[本則]に設定すると、論文や原稿を書くとき漢字の送りがなを統一できます。
     
  • キーボードを片手で操作する
    この設定をすると、ショートカットのような組み合わせキーでも片手で操作できるようになります。
     
  • 登録した単語にコメントをつける
    単語登録した人名などにユーザーコメントをつけると、会社の役職や入社年月日などがすぐに分かり便利です。
     
  • 郵便番号を住所に変換する
    同窓会名簿の作成など住所を連続して入力する場合には、MS-IMEの郵便番号を住所に変換する機能が便利です。
     
  • 手書きで漢字を調べる
    日本語入力システム(MS-IME)の[手書き]アプレットを使うと、読みの分からない漢字も手書きで調べることができます。ちょっとした漢字辞書がわりに使え重宝します。
     
  • 言語バーを目立たなくする 1
    Windows XPになってデスクトップがスッキリしたと思っていたら、デスクトップを我が物顔に占領するMS-IME2002の言語バーが気になってきました。今回は、言語バーを目立たないようにする方法の1回目です。
     
  • 言語バーを目立たなくする 2
    日本語 を入力をするかぎり言語バーとは縁が切れそうもありませんが、使わないときはなるべくデスクトップの邪魔にならないようにして貰いたいものです。今回は透明化、縦置き、タスクバーに収納などのより効果的な方法で言語バーを目立たなくします。
     
  • 外字エディタで外字を作ろう
    年賀状の宛名書き印刷で一番困るのが、パソコンに登録されていない特殊な漢字。「なんで印刷できないの?」とブツブツ言いながら手で書くことになりますが、似た文字を組み合わせれば、外字は意外に簡単に作れます。
     
  • これだけは知っておきたいショートキー
    特定のキーを組み合わせることで、面倒な操作が簡単にできてしまうショートカットキー。ベテランの方には「そんなの常識!」と怒られそうですが、初心者にこれだけは覚えてほしいショートカットキーを紹介します。
     
  • 日本語入力シリーズ1 手書きで入力する
    キーボードでの日本語入力は、漢字が読めるということを前提にしていますので、読めない漢字を入力する時は本当に困ります。MS- IMEの「手書き入力」を知っていると、イザというとき役に立ちます。
     
  • 日本語入力シリーズ2 顔文字を入力する
    顔文字は文字や記号を組み合わせて顔の表情を表したもので、文字だけでは伝わらない微妙なニュアンスを相手に伝えることができます。顔文字は、専用の辞書を使うと簡単に入力できます。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。