金融危機を好機ととらえ、東証、大証ともにETFの売買代金が急増中とのこと。10月の東京証券取引所と大阪証券取引所のETFの売買金額の合計は、約6500億円で前月比80%増の高い水準に。底値狙いの個人投資家も値動きがわかりやすく銘柄選びの手数が省けるETFに注目されているようです。

クリックで大きく

出所:東京証券取引所、大阪証券取引所のデータよりガイド作成 数字は表示単位未満切り捨て


中でもどんなETFが多く売買されているのか、東証、大証に上場するETFの2008年10月1か月の売買代金をランキング、注目されているETFを検証してみました。

一番人気は日経225連動型

上位5位中、3つは日経225連動型。日本経済新聞が選ぶ日本の代表的な225銘柄の株価をもとに計算された株価指数、日経平均に連動するタイプのものです。ニュースで目にする機会が多く動向がわかりやすい日経225連動型が、ETFの中でも人気でした。

3つの日経225連動型の中で野村アセットの日経225連動型(コード番号1321)の売買が多い理由は、これだけが売買単位が1口で1万円以下から購入できる点があげられるでしょう。11月26日時点では8,270円が最低購入価格。1口ならばこの金額からスタートできます。他は10口で最低8万円弱投資金額が必要になります。

次席はTOPIX連動型

2位、5位、8位は、東証一部に上場する全銘柄の時価総額の指数TOPIX に連動するタイプでした。225社の株価から算出される日経平均に比べ、東証一部の全銘柄の株価と株数が反映されているTOPIXの方がより市場全体の動きを適切に表わすと言われています。一般的には日経平均の方が有名ですが、日本株の投資信託のほとんどは、TOPIXをベンチマークとしています。

また、野村アセットのTOPIX連動型(1306)、日興の上場TOPIX(1308)の2つとも信託報酬が年0.1%前後と日経225連動型の平均0.23%の約半分となっているのは注目すべきポイントです。馴染みが低い分、日経225連動型より売買金額が少ないのでしょうか。日経225連動型だけでなく、TOPIX連動型も視野に入れるとよいかもしれませんね。

やはり、こちらも売買単位のハードルが低いからか野村アセットのTOPIX連動型の売買が多いようです。

日経225、TOPIXの次はやっぱり噂のゴールドETF