今後日本の株価は上がっていくのか?
株式投資を行っている人なら誰もが考える疑問です。
私自身は今後10年以内に、日経平均が30,000円を超える可能性があると考えます。

日経平均が30,000円を超える根拠とは?

今回は、その根拠を初心者の方に分かりやすく解説したいと思います。

人間には、必ず毎年増えていくものがあります。
それは年齢です。
消費が増える 年齢だけは突然10歳増えたり、逆に減ったりすることはありません。毎年1歳ずつ増えていきます。
では人生のうちで最も自由になるお金(可処分所得)が多くなるのはどの世代でしょうか?

1.30歳代
2.40歳代
3.50歳代

金融広報中央委員会の調べによると40代が一番自由になるお金が多いみたいです。(2003年)
そこで自由になるお金が一番多い40代の人口が増えれば、消費も増え景気が良くなって株価が上がるのではないかと考え、調べてみました。

下のグラフは総務省国勢調査による40~44歳の人口と日経平均株価の関係を表したもの(図1)です。
図1 40-44歳の人口と日経平均
日経平均株価は、景気の先行指数と考え、便宜上、3年先行させた数字を掲載しています。
40~44歳の人口が増えれば株価が上がり、逆に40~44歳の人口が減れば、株価が下がる傾向があるように見えないでしょうか?
ということは今後の40~44歳の人口が分かれば、株価の先行きを占うことが出来るのではないでしょうか?

人口と株価の先行きについては次のページで!

関連リンク

  • 総務省のホームページ
  • 景気・経済の見方 ~株式投資に役立つ情報~ [All About はじめての株式投資]