朝のチェック
朝起きた後、または始業前などに軽くニュースチェックを習慣に!
株式投資に情報収集は不可欠です。欲しい情報が欲しいときに手に入る!そういった環境を作ることが大切です。今回は、1日の流れを追って、私が使っている、必要な情報を手に入れるためのサイトをまとめてみました。

朝の情報収集編

朝、注目している項目は米国株式市場、外国人の寄付き前動向、どんな銘柄が本日上場するかなどです。

米国株市況(NIKKEI NET)
まずは前日の米国株式市場をチェック!米国株の市場動向がその日の日本市場に影響を与えることは良くあります。

外資系証券会社寄り前動向
日本株最大の投資主体者、外国人投資家の動向を見ることで、その日の相場の動向を推測します。

IPOスケジュール
今日の新規上場銘柄をチェック。これは初値が高いだろうなと思った銘柄が安く買えるチャンスがあるかもしれません。

場中の情報収集編

証券取引所
各証券取引所のホームページで各市場の動向を細かくチェック
場中に気になるのは、やはり株価情報、当日公開となる企業情報、決算情報などです。リアルタイムで変動していく項目ばかりなので素早くキャッチして分析、対応するのも成功の条件と言えるでしょう。

ブルームバーグテレビジョン
リアルタイムで株式市場に関するニュースを放映しているので、聞き流すには重宝します。

東京証券取引所(リアルタイム東証マザーズ指数)
個人投資家の動向が顕著に現れるのが東証マザーズ指数です。リアルタイムで更新されます。

東京証券取引所(適時開示情報)
企業の決算発表や開示情報などが掲載されるサイトです。お昼休みにチェックしてみると、案外ニュースが出ているものです。

TOKYO IPO開示情報サービス
保有銘柄や注目銘柄をあらかじめ登録しておけば、その企業が開示情報を出したときにメールで知らせてくれます。これでニュースのチェック漏れは予防できます。

企業調査のための情報収集編

開示情報はPDFで配信されており、すぐ閲覧できます
企業開示情報はPDFで配信されており、すぐ閲覧できます
上記で得た企業情報をもとに、さらに会社を調べたい場合などに使える、見やすいサイトです。「今日発表されたニュースはどんな影響を与えるんだろう?」など以下のサイトなどでさらに分析してみてください。

有価証券報告書閲覧(EDINET)
企業を詳細に調べるには、有価証券報告書を読むのが一番です。

企業の過去の財務諸表(MSNマネー)
過去の企業の業績を簡単に見るのに役立ちます。5年分の損益計算書が銘柄コードを入力するだけで見れるので便利です。

スクリーニング(新光総合研究所
時間があるときにスクリーニングをすると、思わぬ割安銘柄に出会います。暴落時にチェックすると効果的面です。

必要なときに必要な情報をすぐ手に入れられるようにすれば、より効率的に株式投資を行うことが出来ます。ぜひ参考にしてブックマークしてみて下さい。

【参考記事】
  • 「情報提供サービスを賢く活用しよう!」
  • 「インターネットで始めるはじめての投資19 会社四季報、日経会社情報とは?」(All About マネー はじめての投資)

    【参考リンク】
  • オールアバウトマネー用語集 ダウ平均
  • オールアバウトマネー用語集 NASDAQ
  • オールアバウトマネー用語集 ディスクロージャー
  • ※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。