外出から戻り、いざパソコンで注文する時となると、もっと下がっていたり、急騰した株価も元に戻っていたりするもんですよね。

先程述べた例の場合、パソコンだけで株の売買をしていると、どうしても外出先や、パソコンが使用できる環境にいない時などに機敏に対応できないなどの問題があります。
しかし最近は、普段何気にみなさんが使っている携帯電話だけで、十分に株取引ができるようになって来ていますし、機能もどんどん充実してるんです。


携帯電話を使った株式投資のメリットとデメリット


携帯電話を使った株取引のメリットと、デメリットを簡単に説明しますと、

○メリット:
  • パソコンがなくても取引が出来る
  • いつでも、どこでも株の売買が出来る






    ×デメリット:
  • 電波状況がよくないとアクセスしにくい
  • 携帯の機種によっては機能が制限される
  • 入力や操作が面倒

    などがありますが、しかしこれらデメリットがあったとしても、
    携帯トレードの機能を上手く扱えばみなさんにとって、
    とても便利なツールになるんです。

    その中の機能を簡単に説明すれば例えば、

  • 株価のリアルタイム表示
  • アラートメール(気になる銘柄と株価をパソコンで登録しておけば、携帯電話にメールでお知らせしてくれます)
  • アプリ向け機能
  • 入金指示
    などなど

    あとは、口座の開設、株の売買などももちろん出来ますが、それぞれの証券会社によってサービス内容が若干変わってきますので注意して下さい。


    アプリを使った株取引


    最後に、各証券会社が提供する携帯電話向けサービスとして、
    一番お勧めしたいのはアプリを使った株取引です。
    ここでは、楽天証券のiSPEEDを例にとって説明します。
    iSPEEDは簡単に言うと、楽天証券が提供している、
    最強のトレードツールと言われている、マーケットスピードの携帯版になります。
    株価情報やチャート、ランキング情報など、様々な情報が最短5秒間隔で
    リアルタイムに更新、情報提供してくれるというすぐれものです。

    また通常の株取引も逆指値など細かい注文内容も遜色なく
    使用する事が出来ますし、携帯電話を使用する場合にネックになる
    入力操作なども、事前に暗証番号を登録することで簡単に取引が可能です。
    またそれぞれの機能にショートカットキーを使う事でスピーディーに使用できます。

    iSPEEDは楽天証券のホームページで無料ダウンロードできますので、みなさん実際に使ってみては如何でしょうか?

    最後に、一つだけ注意して頂きたいのは、
    iSPEEDの利用料金は無料なのですが、携帯電話会社へは
    データ更新時のパケット代はかかってしまいますのでご注意下さい。
    出来れば、パケット定額プランなどに加入する事をお勧めします。

    また反対に、定額プランに加入しているのに携帯電話での株式投資を
    やった事がない方は、一度ためしに使ってみてはいかがでしょうか?

    【関連リンク】
  • 楽天証券

  • オールアバウトデジタルアイテム用語集 パケ・ホーダイ

  • オールアバウトデジタルアイテム用語集 パケ死
  • ※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。