移動平均線とは


ある一定期間(5日、25日、13週、26週など)における株価の終値を平均して算出した数値を線で結んだものが移動平均線です。短期の移動平均線と長期の移動平均線の関係を見たり、ローソク足と移動平均線を並べて表示し、将来の株価動向予想の参考として利用することが多いのが特徴です。

移動平均線の種類

一般的に移動平均線は、日足のチャートの場合、5日移動平均線、25日移動平均線、75日移動平均線が使われることが多く、週足の場合、13週移動平均線、26週移動平均線、52週移動平均線が使われることが多くなっています。

なぜ、上記の様な期間での移動平均線となっているかというと、5日移動平均線の5日というのは土日を除いた上での約1週間にあたり、25日は約1ヶ月間、75日は約3ヶ月間にあたることや13週は約3ヶ月、26週は約半年、52週は約1年にあたることから期間を区切るには適当な期間であるとみなして決められた模様です。

次のページでは、移動平均線の見方について説明します。