相場全体の流れを再確認

世界の変化で大きく変貌する株式投資
世界の変化で大きく変貌する株式投資
前回もお伝えしたとおり、相場全体は二極化の流れが鮮明になっております。

今回は、より具体的な例を挙げて今年の相場に勝ち抜くための銘柄を5つ挙げたいと思います。

前回のレポートにあるとおり、グローバルな展開で勝ち組になる可能性の高い3つの視点に沿って銘柄を厳選してお送りします。

オールアバウト株担当が選ぶ夏の狙い目厳選5銘柄
  銘柄コード 2007年5月15日現在
世界インフラ関連銘柄
中国塗料 4617 1,262
日立建機 6305 3,810
世界高シェア銘柄
SUMCO 3436 5,280
任天堂 7974 39,850
資源エネルギー関連銘柄
石油資源開発 1662 8,910
前回触れさせていただいたグローバル成長企業の典型的な銘柄

まず第一は、当欄でも何度も触れさせていただいた任天堂(7974)。

株価は5/15現在39,850円と百株単位ですと400万円近く出さないと購入できない銘柄ですが、プチ株を利用すると4万円程度の単位で購入が可能な銘柄ですのでどなたにもお勧めできます。

プチ株などの購入方法など詳しくは任天堂無料レポートをご参考にしてください。

推奨株価25000円から39850円まで約半年で56%上昇となってきており当初想定の5万円に近づいてきておりますが、ここで指摘している株価5万円は単なる通過点に過ぎないのではないかと判断しております。日本ばかりでなく米国や欧州など各国でDSやWiiの好調が伝えられております。詳しくは先の無料レポートをご参照ください。

夏の狙い目厳選5銘柄の残りは?