株式投資に夢を持とう!

ニトリ(9843)は、約8年で資産が26.5倍!
ニトリ(9843)は、約8年で資産が26.5倍!
2008年は波乱の幕開けとなりました。

しかし、このような状況の時にこそ成長株を安値で購入するチャンスも潜んでいます。中長期で財産を大きく育てていくにはこのような局面こそ大きなチャンスといえるのではないでしょうか?

安いからといって何を買っても良いという訳ではありません。過去にも、現在のような状況の時に銘柄選択がしっかりと出来ていれば大きな財産を築けた例を挙げます。

ニトリ(9843)は、約8年で資産が26.5倍!

大衆向けの家具・インテリアチェーンの中で、現在では日本のトップ企業となったニトリですが、1998年当時に大塚家具(8186)や島忠(8184)などの大手家具メーカーに投資していた場合と、当社に投資していた場合では大きな差が生じています。
業績推移1998年安値2006年高値騰落率
ニトリ508円13,480円26.5倍
大塚家具2,020円5,880円2.9倍
島忠1,820円4,120円2.2倍
※ ニトリは2004年4月に11.2の株式分割、大塚家具は2000年8月に12の株式分割を考慮した調整済みの株価です
3銘柄とも上昇していますが、仮に100万円の投資をしていたとすれば、ニトリは2,650万円、大塚家具は290万円、島忠は220万円となり、その資産格差は非常に大きな開きがあります。さらに、当時同業の宝船に投資していれば、倒産して資産はパーになっていました。

今でこそ、知名度も上がってきたニトリですが、当時の家具業界では大塚家具や島忠の知名度の方が断然大きく、大半の人はニトリへの投資を選択できなかったと思われます。

そして、現在のように知名度が向上してから、ニトリに投資しても妙味は無くなります。1998年当時にニトリの成長を予想して投資していれば、大きな利益を得ることが可能だったのです。ただ、1998年当時に競合の激しい家具メーカーの中から、ニトリを選んで投資するには、しっかりとした裏付けに基づいた情報が必要でした。

なぜ、ニトリだったのか?