暴落時のチャンスは一瞬!紫金鉱業は既に4倍!

暴落時のチャンスは一瞬!

一瞬のチャンスをつかむには?
一瞬のチャンスをつかむには?
暴落時こそ、銘柄の選択が重要となってきます。前回もお伝えしましたが、重要なことなのでもう一度おさらいしておきましょう。

日本株だけでも3,500銘柄に及びますが、暴落時に同じように勇気出して購入しても暴騰する銘柄もあれば、再度暴落する銘柄もあります。
ビッグチャンスの銘柄であればあるほど、チャンスは一瞬です。暴落の大チャンスは一瞬で、しかもごく一部の銘柄にしかないため、その大チャンスをつかむことは難しいのです。前回の暴落局面、アジア通貨危機時に2年5ヶ月で61倍になったユニクロもチャンスは一瞬でした。

一方、同時期に大成建設を選択していれば61倍どころか同期間中ではほとんど値上がりしていません。

暴落時、購入する銘柄で資産は雲泥の差
アジア通貨危機98年安値00年高値騰落率期間100万円投資で
ユニクロ(9983)263円16,100円61倍2年4ヶ月6,100万円
大成建設(1801)202円230円13%2年113万円
日経平均株価12,879円20,833円61%2年4ヶ月161万円
なぜ、大チャンス銘柄は急速に値を戻していき、ほかの銘柄との投資格差は日がたつにつれてますます開いて行くのでしょう?暴落時こそ何を購入するのかは非常に重要となってきます。サブプライム危機による暴落の今はどうでしょう?

このような暴落時にしか舞い降りてこないチャンスを着実につかむにはどうすればよいのでしょう?

チャンスをつかむには?どうする!