利子に関して為替差益を計算しなくてもよいとのことですが、理論的にはおかしいと思います。(60代 男性)」
この感想には、正直とても驚きました。ウーン、理論的……。

《レッスン
為替差損益が発生するためには、為替レートが最低2つは必要。しかし、満期日にドルで発生する利息には利息発生日の為替レートが1つあるだけです。

《レッスン
従って、利息への課税は「20%の源泉分離課税」で終了します。

《レッスン
外貨預金は、「日本円を売り外貨を購入する」ので、元本には購入した時点の為替レートが存在します。そして満期になって元本の外貨を円に交換する時、「外貨を売り円を買う」時点の為替レートが発生します。為替レートは2つ。このレート差が為替差損益になり、雑所得に区分されます。

《レッスン
この外貨預金を自動継続すると、自動継続後の元本は「最初の元本+源泉分離課税後の利息」になります。

自動継続後の外貨預金は
 ・最初の元本の部分の為替レート。
 ・利息を元本として組み込んだ時の為替レート。
  利息の金額部分に適用
2つの為替レートを持つことになります。

● (元本)←為替レートは1つ

●+▲ (▲=利息×0.8 源泉分離課税後の金額)
↓ 自動継続
●▲(元本)←為替レートは2つ
↓ 自動継続
●▲+△(△=利息×0.8 源泉分離課税後の金額)
↓ 自動継続
●▲△(元本)←為替レートは3つ

●▲△+■(■=利息×0.8 源泉分離課税後の金額)



このように元本部分の為替レートは、自動継続するたびに増えていきます。外貨預金1口座毎に一覧表を作っておくと確定申告の時に便利です。


【関連記事】
「外貨預金、為替レートはお好みで」
「第4回 確定申告の基本 年金・保険金・配当金等の申告法」
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。