持家の維持費は子供1人分?
マイホーム購入時には、ランニングコスト(維持費)にも注意を払わなければなりんません!
夢のマイホーム! 頑張って購入したのに数年で手放す人が増えています。原因の一つに「家の維持費を見誤った」があります。

マイホームを実現する際、誰もがイニシャルコスト(=頭金と住宅ローン返済額)には細心の注意を払います。しかしランニングコストにはあまり関心を持ちません。実際は「子供1人育てると同じくらいかかる」のに、です。

40歳で持家(借入3000万円、固定金利3%、30年元利均等返済)、購入後30年間にかかる維持費を考えてみましょう。


マンションの場合

30年間合計
修繕積立金一時金(入居時一時払い)50万円50万円
管理費(含む修繕積立金)2.5万円/月900万円
駐車場代1万円/月360万円
大規模修繕金150万円(2回)300万円
固定資産税+火災・家財保険20万円/年600万円
水廻りのリフォーム200万円200万円
合計 2,410万円



一戸建ての場合

外壁塗装(10年毎)100万円/1回300万円
屋根瓦取替200万円200万円
固定資産税+火災・家財保険35万円/年1,050万円
水廻りのリフォーム200万円200万円
合計 1,750万円



維持費は、マンションの場合80万円/年程度、一戸建ての場合58万円/年程度かかることになります。

マンションの場合、管理費や修繕積立金、駐車場代として3.5万円/月(=42万円/年)程度を毎月支出しなければなりません。しかし、これを軽視している人が多い!
税金+火災保険+管理費等の支出は、持家の必要経費です。削減できる余地はあまりありません。


マイホームを購入して30年間で必要な額は、住宅ローン返済総額の約4,550万円(内金利負担分は約1,550万円)、維持管理費の1,750~2,400万円程度であることが分かりました。では子供の教育費はどのくらいかかるのでしょうか。

某機関の調査によると平成12年度の学校教育費は下のようになります。

<平成12年度の学校教育費>

幼稚園小学校中学校高校大学合計金額
公立公立公立公立公立約1,029万円
公立公立公立公立私立約1,250万円
公立公立公立私立私立1,510万円
私立公立私立私立公立約1,614万円
私立公立私立私立私立約1,835万円
私立私立私立私立私立約2,521万円


持家が、維持費+住宅ローン金利負担分=子供2人分の教育費と同等またはそれ以上かかることが分かります。従って、住宅購入に当たっては、住宅関連支出として「住宅ローン返済額+維持費」を算出して年単位でコスト管理することが必要です。また、持家になると光熱費や水道代などの公共料金等が1割程度アップしている家庭が多いので、この点も考慮する必要があります。

マイホームを購入前する前に、資金計画と家計管理のシュミレーションは不可欠です。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。