ネット証券が主催している、株式投資のセミナーや勉強会。無料で内容の濃い話が聞けるとあって最近はどこも大人気です。

でも、興味はあるけどなかなか参加する勇気がないというビギナーも多いはず。そんな人のために、ガイド大竹が楽天証券で行われている勉強会を突撃取材。その様子を臨場感たっぷりにレポートします!

月4~6回行われる楽天証券の勉強会

定員250人の会場はどの回も満席御礼。真剣な空気が伝わってくる。なかには若い女性の姿もちらほら。
楽天証券では、毎月4~6回のペースで勉強会を開催しています。
 
今回お邪魔したのは、2月5日に開催された「マーケットスピード勉強会 基礎編&応用編」&「中国株セミナー」。そのほかにも、銘柄別のテクニカルチャートの分析方法からデイトレ、信用取引など、多彩なテーマでの勉強会やセミナーが全国で開催されています。

会場はJR代々木駅から徒歩5分ほどのところにあるビル。定員250人の会場はどの回も見事なまでの満席で、参加者の熱気でむんむん。オンライントレードへの関心の高さを改めて感じました。

同じ勉強会に繰り返し参加する常連さんも

取材に応じてくださった楽天証券の神田さんによると、どの勉強会もいつも申し込みが多く、毎回抽選になってしまうとか。なかには同じテーマの勉強会に二度、三度と繰り返し参加する常連さんもいらっしゃるそう。それだけ内容が濃いということの証拠かもしれませんね。
当日配られた勉強会のレジュメ。これだけでも貴重な情報がかなりたくさん詰まっているといえそう。


受付で配布された封筒の中には、分厚いレジュメが数冊。うれしいボールペン付き! 無料の勉強会とは思えないボリュームで、手に持っただけでズシリ。これだけでも来た甲斐があるという気にさせてくれます。

肝心の講義のほうはというと、マーケットスピードの画面構成から基本の操作方法、便利な活用方法まで微に入り細に入り解説(マーケットスピード勉強会・基礎編)。板情報の画面では、前日の終値をベースにこれからの相場を予測するコツを伝授していただきました。なるほど~!と目からウロコが落ちる思いで、思わず取材であることも忘れて聞き入ってしまいました。

→次ページでは、勉強会のもうひとつの役割をリサーチしてみます!