ファンダメンタルもテクニカルも、もういらない?

画像の代替テキスト
明地文男さんの最新刊「たった5分!株で儲けるすっごい投資法がある」。ちょっと変わった投資法ゆえに、参考にする箇所は多い。
これまでの株式投資といえば、企業分析の「ファンダメンタル」とチャート分析の「テクニカル」が2大柱として君臨いてきました。しかし、今回の記事で紹介する方法は、この2つの分析を原則的に無視した方法です。しかし、過去のデータでは低くても83%、高ければナント100%という、かなりの勝率を上げることができる方法でもあるのです。

この方法を「たった5分!株で儲けるすっごい投資法がある」でまとめたのは、これまでに「勝率98% 3点チャージ投資法 完全攻略ワークブック」など、たくさんの本を書かれている明地文男さんです。今回の投資法を「ちょい利口(ズル)オヤジの抜け駆け投資法」と名づけた明地さんは、銘柄によって最初から買う日と売る日が決まっているといいます。

銘柄によっては、毎年株価が安くなる日と高くなる日があって、つまりは安い日に買って高い日に売れば儲かるということです。そのめでたい日が「株暦・吉日」であって、これをうまく利用したのが、今回の「抜け駆け投資法」なんです。

キリンホールディングスはこの日に買ってこの日に売ると勝率100%

ビール株というのは、夏になると株価が上がるといわれていますね。やっぱり夏はビールということで、「あ、ビール株!」と思い立って買うからでしょうか。しかし、夏に注目されるビール株を夏に買ってもあまり儲からないかもしれません。

株式投資の格言には「麦わら帽子は冬に買う」があります。つまり、夏に使うものであったり、夏に人気が出るようなものは、冬のうちに買っておきましょうということなんです。これは株でも同じ。多くの投資家がワッと買うことで株価が上がってしまっているときに買うのではなく、誰も買わないような、株価が安いときに買うのが儲けの秘訣ということです。

しかし、こういったことは多くの投資家にとっては当たり前のことですよね。ただ、問題が1つあって、具体的な日日が決まっていないのです。なので、より効率的に儲けを生み出すことが難しくなってしまっています。

そこで、株価のくせを読んで、買い時売り時を見つけるのが、明地さんが考案した投資法です。みんなが漠然とし他取引をしている間に、抜け駆けして儲けを生み出すのが、麦わら帽子にちなんだ「麦わら帽子作戦」なんです。

先ほどのキリンホールディングスの場合も、この麦わら帽子作戦を使うことができます。キリンビールの場合には、冬の12月1日に買って、翌年の5月1日に売ると、過去8年間の勝率が100%!しかも利益も半端ではなく、少ないときで5.3%、多いときには29.8%、平均では16.8%もあるのです。(あくまで過去のデータに基づいています。)
画像の代替テキスト
キリンの月足チャート。(青い線以降は、日足になっている。)12月と5月の間の株価の動きをチェックしてみよう。
チャートはケンミレ株式情報より。

しかも、単純計算で再投資した場合、1999年12月1日からスタートすると、2007年5月1日には3倍にもなっているのです。ただ、ポイントはやはり毎年利益確定を行うということです。仮に長期で持っていたとしても、元手は1.5倍にしかならないのです。(本の中のデータより)。

次のページでは、あと1銘柄を検証してみましょう。次のページへ>>>