がんばった自分へのご褒美にアクセサリーを購入する女性が増えています。節約・貯蓄に励むのもいいですが、自分を癒し、心豊かにしてくれる、こんなお金の使い方もステキですね。
そんなキャリア女性におすすめなのが純金積立です。

純金積立は、月々3000円という少額から魅力的な金を購入することができる商品です。「でも、金の延べ棒を買ってもね~」という人!純金積立はゴールドバーとして引き出すほかに、現金として引き出したり、メープルリーフ金貨などのコインや日常的に使えるジュエリーにも交換できるのです。

ジュエリーには興味がないという人にとっても、金に投資するメリットはいろいろ。金には株式や債券とは違う魅力がいっぱいあります。ただし、リスクもあるので、まずは金投資の基礎知識を身につけましょう。

●金に投資するメリットは?
金は需要が多ければ価格が上がり、需要が少なければ下がります。安く買って高く売れば儲かるという点では株式や債券と同じです。でも、株式や債券は発行体が破綻したら、紙くずになってしまう危険がありますが、金は存在そのものにも価値があるのが大きな特徴です。

また、金は戦争やテロ、災害など世の中に不安材料が多くなると価格が上昇する傾向にあります。実際、米国テロ事件の前後では価格が1年で2割アップしました。株安や低金利のときにも人気が高くなり価格が上昇。株式などを持っている人のリスクヘッジとしても利用されています。

●どんなリスクがある?
金の価格は毎日変動しています。積立といっても預貯金とは異なり元本保証の商品ではないということをしっかり覚えておきましょう。
また、金は国際的にはドル建てで取引されています。国内金価格はドル建て金価格(国際金価格)を円換算したものなので、金価格の変動だけでなく為替相場の影響も受けます。

金は資産価値があるとはいってもリスクを伴なう商品なので、一度にまとまったお金で投資するのはリスクが大きいです。
リスクを軽減するポイントは1.余裕資金で、2.少額ずつ、3.時期をずらして購入すること。これを可能にしたのが純金積立というわけです。

●積立で買うメリットは?
純金積立は、口座からの引き落としは月1回ですが、金の買付けは毎日行います。1回の購入金額は引き落とし額をその月の営業日数で割った額。月々1万円の積立で営業日が20日なら、毎日500円ずつ(1万円÷20日)の金を買付けます。そのため、金の価格が高い時には少なく、安い時にはたくさん買うことができ、購入単価が平均化されていきます。
毎日同じグラム数を買い付ける定量購入よりも平均単価が安くなる効果があります。

純金積立では、毎月の引き落としのほかに、一時的に購入額を増やすスポット購入があるので、価格が安いときに多めに投資したい、というときにも便利です。

次ページ「どこで申し込む?」→