「なかなか貯金ができない!」というDINKSのカップルのために、「貯まる!貯蓄術」を前編と後編の2回に分けてお伝えしています。今回は、その後編として、実際に貯めるためのノウハウをお伝えします。(前編は、コチラから!!

【記事のインデックス】
(後編)
貯蓄が増えないのはどうして?……1P目
上手に貯蓄をする3つのポイント……2P目
予算達成のためにするべきこと……3P目
何のために貯蓄をするの?……4P目


貯蓄が増えないのは、ある程度の残高が通帳にあるから?

通帳のイメージ
貯金をしているつもりだけど、なかなか残高が増えない……
せっかく貯蓄予算を決めても、予算を守って継続的に貯蓄をするのは大変なことです。お金があるとついつい使ってしまうのは、人の性(さが)なのでしょうか? どうして、お金が貯まらないのか、ちょっと考えて見ましょう。

普通、毎月の給料は一つの預金口座に振り込まれます。そこから、家賃や食費、日常の生活費、お小遣いなどのお金を毎月の予算分だけ引き出します。更に水道光熱費や通信費などの引き落としがあり、残った分が貯蓄となります。

毎月、予算通りの支出を守っていれば、自然と預金残高が増えていくはずです。でも、多くの人の話を聞くと、「始めてから半年位までは、預金残高が増えていくけど、その後は、残高が変わらない」と言います。

最初のうちは、予算をしっかり守っていても、貯蓄の残高がある程度になると、気が緩んでしまいます。例えば、2人でショッピングに出かけると、欲しいモノがどんどん目に入ってきます。そして、「たまには、いいか!」といった言い訳をお互いにして、予算オーバーの買い物をすることになります。また、実際にモノを購入する場面では、カードで支払うことが多いでしょう。通帳に残高があるとつい安心してしまうし、高額の出費になる場合でも、カード払いなら出費の痛みが感じにくいので、財布の紐が緩んでしまいがちです。

こんなことを繰り返していては、貯蓄も思うようにできません。実は、ある程度の預金残高があるということが、貯蓄ができない原因一つになっているのです。


必見です! 上手に貯蓄をするための3つのポイント