あなたは失敗の典型パターンではない? お金を借りるときの心得
あなたは失敗の典型パターンではない? 借りる前に考えてみましょう。

いずれ返さなければならないこと、忘れてはいけない

借金はしないにこしたことはありません。
しかし、どうしても借金しなければならないのであれば、破たんしないためにも借りる前に、「知ること」や「考えること」は何より大切なことです。当たり前のことを…、とお思いの方は危険かもしれません。

借金をするときは、早くお金を手にしたいと頭が一杯で、金利も気にせず具体的な返し方を考えていない人が多過ぎます。それが後で困る事となる、多くの原因だといっても過言ではありません。具体的な返済方法を考えていなくても、ソフトで明るく身近なイメージのCMをバンバン流し、貸す業者がいるという現代の金融事情にも問題はありますが、結局のところ、軽率な行動をしてダメージが大きいのは「借り手」です。

借りる前にもう一度“借金はいずれ返さなければならない”という当たり前のことを認識しましょう。


失敗の典型パターン

最初は軽い気持ちで借りる。お金を用意することに神経をすり減らし、本来大切にしなければならない、生活や家族、仕事のことなども上の空になってきてしまう。ふと気がついたら、到底返済できない金額になっているというのが、“お金の借りかた失敗の典型”です。

「自分はそこまでならない」と思っているのは、自分だけかもしれません。現に失敗してしまった人も、まさか自分はそうなるとは思っていないまま、多重債務者になってしまっているのです。脅かすつもりはありませんが、このような可能性はあって、安易に捉えていると怖いものという認識は必要だと思います。


取り立てるときは「別の顔」

お金を借りても一時的なことであったり、なんとか短い期間で返済できるのであれば問題はありません。問題なのは返済できないときです。

銀行であれ消費者金融であれ、貸すときは親切そうに「あなたのために…」という雰囲気でお金を貸します。でも、返済が滞ってくるとどうなるでしょう。もう一つの一面、別の顔になります。支払いを簡単に待ってもらえるものでもありません。