もうお金は振込まない!! でも…

「金利1%」という貸金広告は本当なのか?
甘い誘いには必ず裏がある。誘惑にのらなくたって、打つ手は…ある!
「このままだと、借金はますます増える…」と気付き、もうお金を振込まない!という態度をとると、業者は申込み時に審査と称して知りえた情報(勤務先情報や配偶者・親類情報など)を利用し始めます。「勤務先にバラスぞ!」「会社の上司に代わりに払ってもらいに行くからな!!」という感じで恐喝してくるのです。

実際に勤務先に来ないとしても場合によっては、勤務先にガンガン電話が掛かってきて、その人の仕事をする立場が脅かされることにもなってしまいます。

完全たる悪徳グループ集団ですので正体が捕まえにくく、結果、泣き寝入りしてしまうことにもなりがちです。貸金業登録で検索をして登録されていたところで(ほとんどが「都(1)」)、安心してはいけません。ウソの名称・所在・電話・代表者でやっています。おばけと同じです。

どうしてもお金に困った。でも解決法はいっぱいある!

“電話でお申し込み・簡単独自審査(10分)→20分後に口座にお振込み”。ありえることではないのです。逆に貸す立場で想像してみると分かります。さっき電話かけてきた知らない人に、お金を貸すなんてこと、怖くてできませんよね。しかも会わずに。

「限界に挑戦! 大口ローン強化中につき融資率99.9%」「失業中の方・主婦・アルバイトの方も完全融資」「自社貸付!」「完全秘密厳守」「全国消費者金融連盟推奨店」「貸し渋りはしません」「当社でダメなら他社もダメ」「当社だからできました」……。甘い言葉には要注意です。

特に地方に住んでいる人が、東京の業者に借りるなんてことは控えるべきです。お金にどうしても困っても、解決する方法などいっぱいあるのですから。だまされてはいけません!




【関連リンク】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。