どこまで押す? 実践「新車の購入交渉術」
新車を賢く買う為の交渉、していますか?
「新車を賢く購入するためのコツなどありますか?」と私は良く質問を受けます。

新車を購入する場合、頭金を入れるなりしても、ローンを利用して手に入れることが多いかと思います。そのため皆さん、できるだけ賢く購入したいというのが本当のところでしょう。

そこで今回は、ちょっと変化球。自動車(新車)の賢い購入術をお伝えします。

本音と建て前

「新車を買いたい!」そう思ったら、あなたはどうやって情報を収集しますか? まずは自動車雑誌を読んでみたり、ネットで調べたりして、欲しい車が具体化すると実際に販売店に行って見てみるなどするでしょう。

同時に、自分なりの“予算”を想定すると思います。予算は、無理なく購入できる金額を考えておくことはもちろんですが、今後のこと踏まえ、その予算よりも少し低めに設定しておきがら車を探していくことが、賢い購入術の始まりとなります。これは今後、上手に値引きしてもらうことにも繋がります。

例えば予算よりも1割くらい低い金額を設定します。実際の予算は200万円だとしても、予算は180万円として欲しい車を探し、交渉を始めていくのです。本当の限界予算などはまだ販売員さんには伝えません。販売側としては「いくらなら買うのか?」ということはとても知りたいことです。でもそこの本音を出すと交渉はできません。お得に購入するためには、販売側と多少の駆け引きをするような交渉術は必要となるでしょう。