でもブラックになるのでは?

急げ!クレディアへの「過払い金返還請求」
ブラックにならなくても、過払い金を取り戻せる?全額取り戻せるのだろうか?
クレディアに過払い金があるのは分かって、借金はなくなり、お金が戻ってくるとしても、これをしたら個人信用情報に記録され、5~7年間クレジットカードが使えなくなるのでは?と心配する人もいるでしょう。

そんなことは気にしないで取り組むべきで、結果的にはその人のためになるものなのですが、人によって状況や希望は様々なものです。この点を踏まえて、法律家や専門家に相談してみてください。しかし今回の場合、俗に言うブラックにはならない可能性も十分にありえます。

ブラックにならない方法としては、クレディア以外に借金がない、もしくはクレディア以外の借金があっても、他の残債が残る借金を含めずに整理する前提で、今回のクレディアの債務が完全になくなり、過払い金だけが戻ってくる状態であれば、ブラックにならない可能性がある、というややこしい状況です(ここだけを整理することが、本人さんに良いのかどうかは別として言っています)。
広く打ち明けて相談してみましょう。場合によっては、他の会社からの過払い金があることも分かり「借金がなくなった~」なんてこともありえますから。

届け出をすれば、全額過払い金は戻ってくるか

クレディアが民事再生法適用申請をしている状況下から、残念ながら全額取り戻すことは難しいと思われます。3割かもしれないし、1割かもしれない。もしかしたらゼロかもしれません。どれくらい戻るのかは未知数ですが、期間内に届け出ておかなければ、債権者として認められなく“ゼロが確定”してしまいます。

利用者の過払い金債権が一般再生債権として扱われると、過去にもあった株式会社ライフの会社更生のときのように、未届けである過払い金債権は切り捨てられてしまうと思われます。いまだ不透明なクレディアの再生方針ですが、関係のある人は時間がありません。思い切って行動してみましょう!


【関連リンク】

【抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント】All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/12/1~2021/12/31まで

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。