「お金vs自分」お金とは何だろう?
お金ってどういうもの?有効的に使いたいですね。
あなたにとって「お金」とはどういうものですか? そして、日々利用しているお金との関係は良好だと感じていますか? 

普段あまり考えはしないことだと思います。だからこそ、たまに考えてみるのも良いかもしれません。お金に対するイメージを膨らませて、お金と自分はどういう関係にあるのか向き合ってみてください。

誰が持っていても価値は同じ

お金の価値は、誰のところにあっても必ず平等なものです。1000円は1000円だし、1万円は1万円。何かを買っても、稼いでも、借りても、返しても、その金額以上の価値はなく、それ以下でもありません。
ただ、その金額のありがたみの感じ方は人により異なります。それはなぜでしょうか。

価値観は人によってまるで違う

500円でうれしいと感じる人もいれば、そうではない人もいます。まして1万円や10万円では、さほど喜べない人さえいます。

はじめて借りる1万円の大きさと、何度も繰り返し返済のために借りている1万円の大きさは違うでしょう。お金を返すときも同じです。苦労して捻出した1万円の返済と、またすぐ借りるためにまわす1万円の返済とでは、まるっきり異なるのです。返済が重なる状況であると、たとえ手元に10万円があっても「これしか…」と思えてしまうのも、お金の持っている魔力です。もしかすると、お金は使う人や使いみちによって、大切さが違うのかもしれません。

どう使うのかは、その人しだい

お金は何かを成し遂げるときに使います。だからこそ、お金は使うことで価値が生まれます。その使い方によって、お金を友好的に利用できるのか、単なる消費や浪費となるのか、“お金を使う人”によって決まってくるのです。

つまり、お金との向き合い方、使い方や習慣、環境、いろいろなものが影響して、あなたなりのお金の価値観が作られています。借りること、返すことの感覚もそれと同時に形成されているのです。