この頃ニュースで「円安が進んでいます。」と言っているけれど、それが日本にとってどのようなことなのか、自分たちにどんなことを意味するのかわからない!今回は円安・円高についての話です。

<なんで円安になってきたの?>
最近どうして円安になってきたのかというと、日本経済の先行きが「どうもよくない方向に向かっているようだ。」と思っている人が多いことが大きな原因の1つになっているようです。昨年は、日本経済は少しずつ良い方向にむかうであろうと考えている投資家が円を購入していました。しかし景気も明るい兆しが見えるわけでもなく、不良債権処理もいま1つという中、「やっぱり日本はだめなんだ。」と外国投資家などに思われてしまい、円が売られ、円が安くなってきたのです。

<円安って何?>
円高・円安というのは基本的には米ドルに対して、日本の通貨である、円が高い(円がドルよりも強い)・安い(円がドルよりも弱い)というのを意味しています。例えば1ドル=100円ということは、あなたが外国に行って買い物をする時、1ドルのものを100円で購入できるということですよね。では、これを基準として1ドル=110円になった場合は?そう、同じ1ドルの商品を購入するのに、110円出すということですね。つまり、10円以前より損してしまうというわけ。では1ドル=90円になった場合は?今度は同じ1ドルの商品を購入するのに90円でいいということだから、1ドル=100の時より10円得したことになるわけです。

<輸入企業の例>
「うちは海外で買い物なんかしないから、関係ないわ。」そう思った人はチョットまって!
この円安・円高というのは、外国で買い物をする時だけわけではないのです。
お父さんや学生、そして主婦の強い味方、「マクドナルドの平日半額」が終わってしまいましたよね。「えー。なんでやめちゃうの?」と思った人も多かったはず。どうしてあんなにお客様に喜ばれていたのにやめてしまったのでしょうか?