「まとめ買い」で食費節約

食費節約
週末のひと手間が、ウイークデイを充実させます。
忙しくて底値チェックができない人でも実は今より食費を節約できます。ポイントは食材をムダに買わない、ムダにしないことです。

■「まとめ買い」は計画的に
とりあえず何でもかんでもカゴに入れるのではなく、ウイークデイの夕食メニューを5つ決めて、野菜や付け合わせをそれにプラスします。家族の予定が変わって食べなかった分は次の日の朝や翌日に回して週末に帳尻合わせを。冷蔵庫のいっぱいつまった食材を見て「食べなきゃ」「減らさなきゃ」と言うより、何もない所から「さて、これで何が作れるかな?」と考えてみましょう。どのお宅にも、缶詰めや乾物。レトルト食品、インスタント食品、等はあるはずです。

仕込みは週末に
2~3日後から使う物は冷凍してストックを作ります。この時間がとれる人は「まとめ買い」で食費の節約が実現できます。

・コツは小分けして冷凍!
お肉、ハム、ベーコンは、1回分に切って冷凍。ひき肉は、ハンバーグ、つくね、そぼろにしてから冷凍すればすぐに使えて世話なしです。魚、イカ、油揚げ等も、お好みのサイズに切ってから冷凍します。野菜は、ゆでで冷凍する物、すりおろす物、切っておく物、レンジでチンする物などなどありましたね。ウイークデイの夜は遅くなるとつい外食か、お総菜を買いたくなりますが、ここまで下準備をしておけば買ってきたサラダに野菜をたしたり、魚を焼いたりすぐできるのでお総菜を一品減らせます。

■毎週レシートで食費チェック
忙しくて買い物に行く暇もなく「まとめ買い」をしている人に、家計簿をつけましょう!とは言いません。(つけられればベストですが)でも、レシートは取って置いて下さい。試しにいつもの「まとめ買い」と、節約を意識した「まとめ買い」のレシートを比べてみましょう。どのくらい節約できましたか?来週の目標は?毎週とっておけば、立派な「食費」の記録になります。

いかがでしたか?ムダ買いが無くなることで節約でき、下準備をすることで、外食やお総菜を減るので節約できます。週末の夜にちょっといつもより長くキッチンに立つだけ。是非お試し下さい。

【関連記事をチェック!】
家計簿初心者のための家計簿のススメ!本当に必要?
人生を変える5分間家計簿
いまさら聞けない家計簿のつけ方


【編集部からのお知らせ】
・All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
※抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※2022/1/1~2022/1/31まで

お金のYouTubeチャンネル2周年企画を1/12から配信決定!
マネープランクリニックでおなじみの深野康彦先生への大質問会、茂木健一郎さんに聞く金持ち脳と貧乏脳の違い、林家ペー・パー子さんに聞く老後のお金など……10日間連続でお金を楽しむ動画を配信します。
予告動画を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。