「家計管理は家計簿から」のウソ

家計簿は家計管理に使う道具です。使いこなせば家計管理にとってはもっとも有効なツールですが、慣れるまで時間がかかります。家計簿がなければ家計管理ができないわけではなく、他の道具を使う方法もあるのです。

家計簿は支出の中身をメモしておくものですから、メモが面倒で苦手なら貯金通帳の残高を見れば毎月の支出の合計額はわかります。「収入-支出=貯蓄額」になりますので、残高を見れば、毎月いくらぐらいが引き落とされ、支出しているかはカンタンにわかるはずです。
 

家計簿でより正確に支出を把握できる

通帳で毎月の収支を見て、常にムダづかいをしないよう心がければ、支出は抑えられて家計管理は合格といえます。でもさらに上を目指すなら、家計簿をつけると「外食費が多い」とか「電話代が高い」など、支出の中身がはっきり見えてきます。

しばらく続けると毎月何にいくらかかっているのか、という支出の中身がわかり、毎月いくら貯められるか、1年後、10年後はいくら貯金ができている? 住宅購入や教育費の支出などで、何ができている? といった、未来の自分の姿を予測することができるのです。
 

家計簿はどうして続かなかった?

忙しい中、家計簿にただ数字を書いて合計するだけでは、面倒で続かないのが当たり前です。おまけに最初は電卓の使い方もぎこちなく、「足していたのに数字が増えてない」とか「間違えたから最初からやり直し」なんてことの連続で泣けてきます。これで、項目が多くてあなたが完璧主義だったら、続けるのは奇跡に近いかも⁉

家計簿を買うときにも注意が必要です。買うときに、はりきりすぎてはいけません。「袋分け」も「レシート貼り」も「品目毎の底値チェック」も、普段していれば問題なく始められますが、「何それ?」という初心者は、一番書く所が少ないペラペラでシンプルなものを選びましょう。

パソコンソフトも、パソコンに慣れていなければ最初は入力だけでも大変です。どうしても続かなかった人に、100円ショップの家計簿をおすすめしたら続けられたそうです。
 

家計簿をつける前にチェックしたいこと

家計簿をつける前に、何のためにお金の管理をするか? という具体的な目標を決める所から始めてみましょう。図を参照してください。まずは目標を決めることが大事です。

うまくいかない人の一番の原因は、順番が逆なこと。ただ家計簿をつけてムダを見つけたとしても、「ふーん食費が多いんだ」で終わってしまいます。

 

具体的な目標がある人は……

具体的な目標がすでにある人は、貯金の残高や目標までのどれくらい近づいたかを把握します。

家計簿をのぞいて、ここをああしようと反省して実行すれば、家計簿を続ける意味が見えてきます。すべて目標ありきです。何の目標もなく家計の見直しをしていても、楽しくありません。


 

家計簿を続けている人は目標がある

家計簿は、何のためにつけるかを考えないと続きません。 続けている人は、自分なりの目標をしっかり持っています。
 
  • 「300万円貯めよう」
  • 「マイホームの頭金を貯めよう」
  • 「家族でディズニーランドに行きたい」
  • 「子供の教育費を準備しよう」
  • 「転職に備えて半年分の生活費を貯めよう」
  • 「一生独身かもしれないから老後資金を準備したい」

人それぞれ価値観やライフスタイルが違うように、お金に関する目標も様々です。あなたなりの目標を見つける所から、まず始めてください。
 

家計簿をつけるマイルールを見つけよう

家計簿は人に見せるものではありません。本人、または夫婦でつけるならその2人がわかりやすい方法がベストです。お金の流れがわかることが大切なので、自分なりのルールを見つけるまでしばらくつけてみて、どんどんアレンジをしていきましょう。家計簿オリジナルルールには、例えばこんなものがあります。
 
  • 「週単位で記録し、日付順にしなくても気にしない」
  • 「スーパーで買ったときは、食費にする」
  • 「店の名前で分ける」
  • 「レシートのないものは、気にしない」
  • 「項目を3つに絞ってシンプルにする」

どれも大反則なようですが、自分がルールです。レシートが2~3枚どこかへいっても、つけ忘れがあっても、気にせず自分が大体わかるように1カ月だけやってみることが大切です。ぜひ目標を設定し、今日からでも始めてみてくださいね!

【関連記事をチェック!】
人生を変える5分間家計簿
消費税増税に負けない家計管理のポイント3つ
家計管理のうまい人が「幸せ」な理由
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。