積立投資はドル・コスト平均法を活用できる

投資信託は少額から始められる点が魅力でありますが、株式同様、値動きのある商品です。そのため、購入するタイミング次第では元本割れしてしまう恐れがあるため、「投資信託に興味はあるけど、購入するタイミングがわからない」と考える人は多くいることでしょう。

購入する回数を1回に絞り込んでしまうと、その時の価格で損益が左右されてしまいます。リスクを少しでも軽減するために、購入を複数回に分けて定期的に購入する方法が考えられます。「ドル・コスト平均法」と呼ばれる投資テクニックです。

「ドル・コスト平均法」とは、価格の変動する金融商品を、一定の金額で定期的に購入する投資法です。価格が高い時には買う数は少なく、逆に価格が安い時には多く買います。複数回に分けて購入することで、買付コストを平均化します。具体的に考えてみましょう。

  • 1回目 1万円 購入
  • 2回目 9000円 購入
  • 3回目 1万1000円 購入
3回に分けて購入することで、平均買付コストは1万円のままです。投資タイミングを判断できない場合に便利で、長期になるほど買付コストがより平均化されます。

自分で投資信託を毎月一定額購入する方法もありますが、積立型の投資信託を購入する方法もあります。

ただし、投資信託は元本が保証されているわけではありませんので、積立後のことも考えなければなりません。まずは積立を始めるタイミングから考えてみましょう。

積立を始めるタイミング

銀行の自動積立はお金を貯めているだけです。しかし、投資信託の積立は、通常の投資信託を積み立てて、お金を運用しています。ですから、通常の投資信託の売買と同じように、中長期での上昇が期待できる投資信託を選ぶ必要があります。下落する可能性がある投資信託は、長期で積み立てるほど価格が値下がりしますので、買付コストも安くはなりますが、買付コストよりも値下がりして損失を積み重ねるリスクが高いからです。

価格の安い時に積立を始めるのがベストですが、買うタイミングがわからないから積立を利用するのです。ですから、投資信託の積立を始めるタイミングは、「長期で上昇が期待できる投資信託を見つけて投資してみたい」と思った時で良いでしょう。なお、一定額を達成したらいずれは積立を止めて売却するでしょうから、投資信託の価格の動きを時々確認する必要があります。

次に、運用結果が含み益と含み損の場合で、積立をやめるタイミングの見極め方を考えていきます。

含み益が出ている時

含み益が出ている時は、投資信託が値上がりしている時です。含み益が出ている時に売却できるよう、積立をやめることが基本です。「まだ上がるかも」と欲をかいたばっかりに売り時を逃して、損失が発生してしまう事態だけは避けましょう。

含み損が出ている時

次に、含み損が出ている時は、投資信託が値下がりしていることに他なりません。投資信託の下落が一時的か、長期的かを考えましょう。と言うのも、長期的に上昇基調ではあるけれども、買ったタイミングがたまたま高値であったことでの短期的な下落であれば、価格が上昇する可能性も残されています。

ですが、長期的に下落基調なのであれば、上昇する望みも少なくなります。含み損を拡大させないことが重要ですから、積立をやめるタイミングは、「長期的な下落の場合は含み損が拡大しないように早々に積立をやめる」になるでしょう。

なお、株式投資信託の場合には、上場株式やETF、REIT等と損益通算することができます。利益が出た株式と損失となった投資信託で損益通算が可能となり、確定申告を行うことで払いすぎた税金が還付される場合もあります。

投資信託の場合、銀行の自動積立とは異なり、その投資信託を売却した時に利益を手に入れることができて、初めてその積立は成功だったと言えるのです。長期で上昇が期待できる投資信託を選ぶことが、投資信託の積立を成功させるポイントになるでしょう。

【関連リンク】
長期なら、投資信託はいつ買っても儲かる?
投資信託の買い時・売り時の見極め方はコレ
どっちが儲かる?投資信託の分配金vs預金金利