前回、「知識があっても、儲けに結び付かない現実」の中で、元本割れを拒否する人が全体の約3分の1にものぼることを、「資産運用に関する調査レポート」の結果から紹介しました。中でも、投資経験がない人だけに注目すると、さらに割合は高くなって半数以上の人が元本割れを嫌うという結果に。
元本保証は絶対譲れなくても、お金を上手に増やしましょう!


私もかつては元本割れをどうしても受け入れることができませんでしたが、投資に興味を持つようになると、次第に元本割れに対しての抵抗感は小さくなっていきました。投資は楽しくが大切ですから、いずれその時がくるまで、無理にリスクをとる必要はないと思っています。そこで、今回は、元本割れがイヤ人のために、金利が上昇した今、お金をどう運用したらいいのかを考えてみました。

1年前と比べると、金利上昇は明らか


皆さんは、一年前ちょっと前の3月末以降には、量的緩和解除の影響を受け、銀行の定期預金の金利が引き上げられたのを覚えていますか?

当時、多くの都市銀行では、0.03%程度だった1年物の定期預金(100万円)の金利が0.06%程度に引き上げられました。しかし、現在、1年物の定期預金は0.35%と約5.8倍に。そして、ソニー銀行では、1年物の定期預金(100万円)の金利が0.865%です。1年とちょっと前のソニー銀行は0.258%でしたから、たった1年ちょっとで金利水準は約3.3倍。すごいですね。

過去の金利について知りたい人は、「ついに都市銀行も!預金金利は上昇傾向!?」をどうぞ。

次のページでは、まめな預け替えでどのくらいの差がつくのかをお伝えしていきます。