2007年、世界の株式市場が大きく変動しました。その原因となったのが「サブプライム問題」です。ニュースなどでもよく流れていますので、一度は耳にしたことがある人も多いことでしょう。投資を行う上では、サブプライム問題という言葉は今後も見聞きする機会が多いと思います。

そこで、今回は「サブプライム問題がよくわからないけど、今さら人に聞けない」という人のために、サブプライム問題について簡単に解説していきたいと思います。

サブプライム問題ってそもそも何?

住宅ローンの返済が滞って自宅を差し押さえられるなんて、思ってもいなかった人たちの方が多かったはず

サブプライム問題とは、サブプライム=米国の低所得者向けの住宅ローンの問題のことです。この住宅ローンは、当初数年間の金利を低くして貸し出し、段々と金利が高く、つまり返済金額が増える仕組みになっています。住宅ローンの借り手は、この仕組みを知っていたのか、それとも知らなかったのかはわかりません。当初は少ない金額ですから返済できていた人たちも、金利が上がるタイミングで返済が滞ってしまう人が多く出てしまったのです。

そもそも返済不能になる可能性が高い人たちにローンを貸し出すこと自体おかしなことだと私は思うのですが、世の中は不思議なモノです。サブプライムローンの貸し手は、ハイリスク・ハイリターン商品としてその債権を証券化しました。そして、世界中の多くの投資家がハイリスク・ハイリターン商品と知りながら購入したのです。

案の定と言うか、その後、サブプライムローンに延滞などが多く発生して焦げ付きが増加。その影響を受けて、これらに関連した金融商品の価格が値下がりし、購入した多くの投資家が大きな損失を被ったのです。

サブプライム問題が世界に影響を及ぼす問題だと世に知らしめたのが、英国の中堅銀行ノーザンロックの取付騒ぎのニュースだったのではないでしょうか?数年前の日本を彷彿とさせる映像でしたよね。

・ノーザンロック関連の参考記事:日経NET

次のページでは、サブプライム問題による影響などを考えていきたいと思います。