鉄則4:買いと売りの取引を活用する


FXでは、為替の動きを利用しても受けることができます。ドル円相場が1ドル110円から120円と円安ドル高、100円と円高ドル安に動く場合で考えてみましょう。
取引の仕組みを把握して、儲けのチャンスを逃がさないようにしよう!

外貨預金では、120円と円安ドル高になれば儲けられますが、100円と円高ドル安に動くと損失が発生します。しかし、FX取引では、外貨預金にはない売りの取引を行うことができます。そのため、120円と円安ドル高に動く時に買いの取引を行い、100円と円高ドル安に動く時でも売りの取引を行うことができ、どちらに為替が動いても儲けることができるのです。

売りの取引は外貨預金にはない取引ですから、なじみがない人が多いかもしれません。しかし、相場が大きく変動するような場合はいつでも起こり得るのです。スワップポイントの支払いが必要にはなりますが、FXでは売りの取引を活用できることを念頭においておく必要があるでしょう。

■ガイドのおすすめ記事
FX業者営業停止!話題のFXってどんな取引?

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。