ガッポリ儲けたい派は、株か為替か

ハイリターンを求めるのであれば、国内外の株で儲ける方法と為替で儲ける方法が考えられます。まずは、国内外の株で儲ける方法から見ていきましょう。

国内の証券取引所に上場している株を取引するのが、国内の株式投資です。外国株は、外国の株式を取引します。

自分で取引を行うわけですが、どちらも購入の際に売買手数料がかかります。手数料金額の差が、リターンの差になります。

儲ける方法としては、株価の値上がり益と配当金を受け取る方法があります。5倍、10倍と大きく値上がりする可能性がある一方で、値下がりする可能性もあります。さらに、企業が倒産リスクもあり、ハイリスクと言えます。

また、外国株では、為替変動の影響も常に受けます。

より少額で投資したい人はこの商品

国内外の株よりもさらに少額で投資したいなら、ミニ株・単元未満株があります。株は通常、1単元で取引されますが、その1単元の10分の1から取引できるのがミニ株で、1単元未満の株を最小単位である1株の整数倍で取引できるのが単元未満株だからです。

どちらもすべての証券会社で取引できるわけではありません。事前に取扱いや銘柄等を確認しておきましょう。

">「少額だからミニ株」で、誰でも儲かるの?

外国の銘柄選びが困難ならこの商品

外国の有望銘柄を探せないなら、海外ETFがいいでしょう。海外ETFは、海外に上場するETF(上場投資信託)への投資のため、銘柄選びが不要だからです。たとえば、アメリカではダウ工業平均やナスダック総合指数などといった代表的な株価指数等が投資対象となります。

海外ETFは、投資対象のインデックスと同じように動くように運用されています。インデックスの方がニュース等でも見聞きすることが多いので、個別の外国株に取引するよりも初心者向きと言えます。

外国株も海外ETFも、証券会社によって取引できる銘柄が限られています。事前に確認しておきましょう。

次のページでは、為替取引のFX(外国為替証拠金取引)についてみていきます。