「株や投資信託を始めたい」と思ったら、真っ先に思い浮かべるのが証券会社に口座を開くことという人が多いことでしょう。

しかし、純金積立となると「どこで純金積立を始められるの?」と、どんな会社があるのかわからない人が多いかもしれません。

純金積立を取扱っている会社はどこ?

金価格の上昇で純金積立に興味があるながら、まずは取引できる会社探しから始めましょう!

純金積立を始めるためには、純金積立を取り扱っている会社と取引しなければなりません。純金積立を取り扱っている会社には、商社系の会社や鉱産会社、地金商、宝石商、金融機関などがあります。

具体的には、商社系の会社には、三菱商事や住友商事、三井物産などがあります。鉱産会社には住友金属鉱山、地金商には田中貴金属工業、金融機関には三井住友銀行、商品先物取引の投資会社にはエース交易などがあります。

これらの中から自分で取引する会社を選ぶことになるわけです。ここで挙げた以外にも、純金積立を取り扱っている会社はあります。インターネットの検索サイトで「純金積立」と検索すれば、簡単に取り扱い会社を見つけることができます。

純金積立の取扱い会社を探そう


しかし、銀行や証券会社と異なり、純金積立を取り扱っている会社の多くは、よくわからない会社という人が多いかもしれません。まずはどのような会社なのか確かめるためにも、会社のホームページを見ることから始めましょう。

多くは、会社の店頭に出向かなくても電話やインターネットで資料請求ができるようになっていますので、資料請求から始めてみましょう。そして、会社から送られてきた資料を参考にして取り扱い会社を比較し、取引する会社を選ぶことが大切です。

比較の際に見ておきたいポイントについては、「手数料から年会費まで!純金積立の選び方」を参考にして下さい。

個人的な考えとしては、現物がある純金積立とは言え、投資は自己責任です。大手の会社や、日本金地金流通協会に加盟している会社であれば安心感が高いと言えるかもしれません。

■ガイドのおすすめ記事
「何で決まるの?最近の金事情と金価格の推移」
「手数料から年会費まで!純金積立の選び方」
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。