金利
ペイオフ解禁間近です。対策は万全ですか?
いよいよペイオフ解禁です。対策は万全ですか?

今回は、決済用預金(決済性預金という方もいる)について大手銀行の動向も含め、まとめてみました。

ペイオフに備える5つの対策

対策は、5つです。
●金融機関を分ける
●預金名義を分ける
●つぶれない金融機関を見抜きそこに預ける
●自分で保有する
●決済用預金に預ける

決済用預金とは!?

決済用預金とは全額保護で、無利息・いつでも出金・決済サービスを提供するというものです。
1億円を定期預金にした場合と決済用預金にした場合との比較です。

<定期預金と決済用預金の比較>
 定期預金決済用預金
金利0.237%(24万円)金利なし(0円)
保護される金額1000万円まで全額保護

つまり、定期預金で24万円の利息を取り、ペイオフのリスクを負うか?決済用預金で金利はないが、全額保護するか?あなたならどちらを選びますか?

生活者の注意点

最近、ペイオフ対策と称して、マンションや金や株等を勧める人がいます。
もともと、リスクをとらない資金の運用で定期預金にしていた人に、元本保証でない商品を勧めることは、お客様の立場に立っていないと思います。