4.共同保険
平成13年4月1日現在、損害保険会社27社がそれぞれの分担割合によって保険責任を負担します(下図参照)。万が一、破綻会社が出た場合、保険金が破綻保険会社の保険責任額のうち最大で10%削減される可能性があります。
これが通常どおり1社から加入していて、その1社が破綻した場合には、保険金の最大10%削減される可能性があることになります。

融資条件以外でも住宅金融公庫が有利な点を紹介してみました。
皆様、どのように感じられましたか? 
ローンの保証料を無料している会社もあるので、住宅購入のための諸費用の総額ではそれほど違わないのでは?というように思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。
住宅購入のための諸費用のお話は、また別の機会にさせていただきます。

【抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント】All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/11/1~2021/11/30まで

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。