節約よりも大切なものがある

一番大切なのは…

一番大切なのは……

家計が厳しい時は、節約によって支出を減らすことも大事で、保険料も節約に貢献できる可能性は十分にあります。しかし、節約を重視するあまり、肝心の安心を二の次にしてしまっては危険です。

保険は他の金融商品とは異なり、将来の自分や家族を守る大切な役割があります。何も起きなければ保険料を支払うだけかもしれませんが、もしもの時には、自分や家族を経済的にかなり助けてくれるはずです。周りに大病を患ったり事故で大ケガをしたりした経験のある人がいるなら、命の大切さや保障のありがたさをぜひ聞いてみて下さい。

もし生命保険の保険料支払いが負担と感じているようでしたら、家計管理に詳しいファイナンシャルプランナーに会って、収入と支出のバランスや無駄な支出がないかをアドバイスしてもらったり、将来の安心に悪影響を及ぼさない範囲で保障の見直し方を考えてもらったりするとよいでしょう。

生命保険や共済は、株式投資などと違って奇跡も大逆転もありませんが、家族の安心のための大切なお守りです。節約するなら生命保険をやめて共済なのではなく、まずは他の支出項目での節約を優先し、節約が必要になったとしても、生命保険であろうが共済であろうが、適切な保障は確保し続けてほしいものです。

【関連記事】
そもそも何で保険に入る必要があるの?
先進医療の保障は必要なのか?
意外と簡単! 「医療費控除」で国から税金を取り戻す方法まとめ

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。