自動車保険/自動車保険の等級制度とは

自動車保険のノンフリート等級制度について

ノンフリート等級制度で自動車保険の個々の契約の割引率や割増率が決まっています。自動車保険における割引や割増のランクのことを「等級」と言います。自動車保険を知るにはノンフリート等級制度の理解が欠かせません。自動車保険と等級について解説します。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
自動車保険の等級とは?

自動車保険の等級とは?

私たちが加入している自動車保険はノンフリート等級制度に基づいて、個々の契約の割引や割増が決められています。

ノンフリート等級制度における自動車保険の契約は、契約者が所有または使用する自動車の総台数が9台以下の契約のことを言います。ノンフリート=つまりフリートではない、ということですので、自動車保険にはフリート契約というものも存在します。

フリート契約とは自動車が10台以上の契約を指し、割引や割増の考え方はノンフリート契約とはまったく異なります。一般的には法人における契約が対象とイメージしてください。通常、個人が自動車保険に加入する場合は、ノンフリート等級制度における契約となります。

このノンフリート等級制度は自動車保険における仕組みの基本的なところですから、自動車保険を考える上で重要なポイントです。今回は自動車保険とノンフリート等級制度について解説しましょう。

自動車保険のノンフリート等級制度の基礎

ノンフリート等級制度は、割引率(あるいは割増率)に応じてランク分けされており、このランクのことを「等級」と呼びます。等級は1等級から20等級までの20ランクあり、20等級が最も割引率が高く(63%割引)、1等級が最も割増率が高く(52%割増、2013年10月以降64%割増)なります。

初めて自動車保険に加入する新規契約の場合は、通常6等級から始まります。
ノンフリート契約では、原則1年間の保険期間で事故がなければ1等級アップし、事故があればダウンします(事故の内容によって1事故につき3等級もしくは1等級ダウン)。

例えば現在6等級の人は、1年間事故がなければ翌年の契約更新時に7等級にアップします。逆に1回事故があれば、3等級ダウン事故の場合は3等級、1等級ダウン事故の場合には5等級となります。

通常たいていの事故は3等級ダウン事故と考えてください。車同士で衝突した、単独で電柱にぶつかったなど、これらのケースは3等級ダウン事故です。1等級ダウン事故は車両盗難、台風・竜巻・洪水・高潮、いたずらなど車両への直接の人的行為、飛来してきた小石などの衝突等が該当します。

ちなみにノーカウント扱いとなる事故もあり、この場合は事故で保険を利用しても事故にカウントされません。人身傷害補償保険や搭乗者傷害保険だけ請求する場合や代車費用特約の請求や弁護士費用特約、ファミリーバイク特約などの請求などが該当します。

このように事故といっても3種類あり、事故の内容によって割引率や割増率への影響が異なります。
  • 3等級ダウン事故
  • 1等級ダウン事故
  • ノーカウント事故
>>次のページでは、ノンフリート等級制度改定の主な内容について見てみましょう。

更新日:2012年12月25日

(公開日:2003年11月16日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    2

    この記事を共有する