Windowsの使い方/Outlook、IE、ネットのトラブル

メッセージをサーバーに残す

この設定をすると、家のデスクトップパソコンでも、外出先のノートパソコンでも安心してメッセージを受け取ることができます。

執筆者:酒井 雄二郎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【Outlook Express】

Outlook Expressの標準設定では、受信したメッセージを自分のパソコンにダウンロードすると、サーバーに保管されているメッセージは削除されます。

もちろん、メッセージは自分のパソコンに保管されますので、通常はこの設定のままで問題ありません。しかし、家でデスクトップパソコン、外出先でノートパソコンを使用している方は注意が必要です。

この設定のままで、先にノートパソコンでメールをチェックすると、サーバーに保管されているメッセージが削除されてしまい、家のパソコンではメッセージを受信できなくなってしまいます。

次の設定をすると、メッセージをダウンロードしてもサーバーにメッセージのコピーが残ります。まず、Outlook Expressを起動し、[ツール]メニュー→[アカウント]をクリックします。

[アカウント]をクリックすると、[インターネット アカウント]ダイアログボックスが表示されますので、[メール]タブをクリックします。続いて、[プロパティ]ボタンをクリックします。

[プロパティ]ボタンをクリックすると、次のダイアログボックスが表示されますので、[詳細設定]タブをクリックします。続いて、[サーバーにメッセージのコピーを置く]ボックスをチェックします。

なお、サーバーに大量のメッセージを残したままにすると、規定の容量を超えてしまい、新しいメッセージを受信できなくなる場合がありますので注意してください。

[サーバーから削除する]ボックスをチェックすると、指定した日数が経過するとメッセージが自動的に削除されるように設定できます。

サーバーにメッセージを保存することがインターネット サービス プロバイダによって禁止されている場合は、メッセージをサーバーに保存できないことを示すダイアログボックスが表示されます。

【手順のまとめ】

  1)Outlook Expressを起動する。

  2)[ツール]メニュー→[アカウント]をクリックする。

  3)[メール]タブをクリックする。

  4)[プロパティ]ボタンをクリックする。

  5)[詳細設定]タブをクリックする。

【関連リンク】

メールを仲間に一斉送信!

メールをまとめて送信する

画像を縮小して送信する

起動後すぐに受信トレイを開く

メールを自動的に振り分ける!

メールで失う職場の信頼

そのメール、馴れ馴れしくない!? 

(酒井雄二郎)

更新日:2005年10月04日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    3

    この記事を共有する