家族のお弁当レシピ/おかずレシピ関連情報

牡蠣(かき)の土鍋ごはん

晩秋から冬にかけておいしくなる牡蠣(カキ)のうまみを逃さずに、土鍋でふっくら炊きあげたごはんのレシピを紹介します。自宅で気軽に味わえる旬のごちそうです。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


牡蠣(カキ)の土鍋ごはん(★★)4人分 調理:約50分

・牡蠣のうまみをとじこめた、土鍋で炊くごはん




 材 料 



2.5カップ
加熱用むき牡蠣1パック(約12~16粒程度)
みつば(茎の部分)1束
しょうが1かけ

【調味料】
500cc
料理酒65cc
醤油大さじ1
小さじ1
乾燥昆布(10cm片)1枚


 作 り 方 


お米はといだ後30分ほど水につけ、その後ざるにあげておきます。牡蠣は網じゃくしなどにのせて塩水にくぐらせ、ふり洗いをして軽く汚れを落とした後、水を替えて塩水で汚れをきれいにし、水が透き通るまで身をつぶさないよう優しく洗い、水気を切ります。しょうがは皮をむいて千切りに、みつばは1cm幅に切ります。


土鍋に水と昆布を加え火にかけます。沸騰したら昆布を取り出し、酒・醤油・塩を加えます。再沸騰したら牡蠣としょうがの半量を加え、アク取りしながら強火にかけます。再沸騰し、牡蠣に火が通って白くなったらすぐ牡蠣を取り出します。


鍋の煮汁が冷めたら洗い米を加え、フタをして強めの中火にかけます。フタの淵からくつくつと泡が立ったら火を弱め、8分ほど加熱します。8分経ったらフタをしたまま火を強め、15~20秒。その後火を止め、10分蒸らします。


5分経ったらフタをとり、残りのしょうがとみつば、取り出しておいた牡蠣を加えたら、またフタをして5分蒸らします。蒸らした後に全体をざっくりと底から混ぜます。


 ポ イ ン ト 


・牡蠣は加熱しすぎると小さくなってしまうので、火が通ったらすぐに取り出しましょう。

・牡蠣の生臭さが残らないよう、牡蠣はきれいに洗いましょう。身がやわらかいので、つぶれないように気をつけて洗います。

・炊飯器で炊くときも同じような要領になります。下ごしらえしたら、だし汁で牡蠣を下ゆでし、だし汁でごはんを炊き上げたらみつばと残りのしょうが、取り出しておいた牡蠣を加えて蒸す、といった順番です。

【関連レシピ】
炊飯器の炊き込みご飯

 鶏五目ごはん

 栗ご飯・鮭と根菜の発芽玄米入り炊き込みご飯

その他にもごはんもののレシピいっぱい
 我が家のごはんもの・パン・麺類レシピ一覧


■材料別:ガイドのレシピ一覧
【ごはんもの】【お肉】【魚介類】【野菜】【おやつ】【ガイドお薦めお取り寄せグルメ】

更新日:2004年10月28日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する