毎日の野菜・フルーツレシピ/野菜のゆで方・食べ方

たけのこ(筍)のゆで方

大きなたけのこ1本が手に入っても、どうゆでたらよいか分からない人もいるのでは? ここではたけのこのゆで方をステップごとに詳しく解説しています。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

たけのこのゆで方

掘り出してから、時間が経つとともにアクが全体に周り、苦味が増すたけのこ。買ってきたらすぐにゆでましょう。

ゆで方1。
1. 土や泥がついていたら、たわしで洗い落とします。

2. 穂先をカーブに沿って斜めに切り落とします。

ゆで方2。
3. 包丁で縦に切れ目を入れます。

ゆで方3。
4. たっぷりの水とぬか(1カップくらい)と赤唐辛子2、3本を鍋に入れ、沸騰したら落とし蓋をして、弱火で1時間ゆでます。
ゆで方4。
5. 根元に竹グシがささるほど柔らかくなったら、火を止め、ゆで汁の中で冷まします。冷めるのには半日くらいかかります。

ゆで方5。
6. 冷めたら、水洗いし、切れ目に指をかけて、水の中で皮を剥きます。

ゆで方6。
7. 根元の黒い部分は包丁で薄く削り取り、穂先の柔らかい皮(姫皮)は和え物などに使います。

8. ゆでたたけのこは、水に漬けて、冷蔵庫で保存します。

更新日:2013年08月16日

(公開日:2009年09月14日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    13

    この記事を共有する