暮らしのマナー/マナー・作法関連情報

今さら聞けない名刺の扱い方

社会人として、名刺の受け渡し、扱い方はしっかりできていますか? これだけは押さえたい、名刺交換の基礎をご紹介いたしますので、ぜひご確認下さい。来春、就職が内定している方も必見です。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

名刺のスマートな渡し方

1. 名刺入れから名刺を出し、相手の方向に向ける。

2. 「お世話になります。〇〇商事の△△と申します。よろしくお願い
  いたします。」等の挨拶言葉&アイコンタクト。
  右手は名刺の右側隅をしっかり持ち、左手は名刺入れを持っている
  ので、添えるカタチで。
 
3. 相手が受け取りやすい位置へ差し出す。

失礼のない受け取り方

1. 「頂戴いたします」や「ありがとうございます」と言いながら……
   ・名刺入れがある場合は、右手で名刺の隅を持ち、名刺入れを持った
    左手は添えるカタチで受け取り、名刺入れの上に置く。
   ・名刺入れがなければ、両手で名刺の隅を持ち受け取る。

2. 読めない文字(特に相手の名字など)があった場合、
  この段階で「失礼ですが、△△様とお読みしてよろしいので
  しょうか?」と確認。後では伺い辛くなるので注意!

3. 会話の間、名刺はすぐにしまわず、胸の高さでキープ。商談の場合は、
  名刺入れに乗せたままテーブルの上に置きましょう。

4. 別れる際は、軽く押し頂いて名刺入れに丁寧に入れ、バッグ等にしまう。

※どうする? 同時に交換する場合
 お互い右手同士でしたらスムースにできます。この場合も、やはり目下
 の方から先に名乗るように。

受け取った名刺の管理のコツ

ペンホルダー付き名刺入れなら、忘れないうちに情報を書き込めて便利! 画像クリックで、他のカラーもチェック!
時間が経つと、どんな方だったかなかなか思い出せないもの。お別れしたあとに、頂いた名刺に、下記のことを書き込んでおくと便利です。

・日付
・お会いした場所
・特徴、印象
・似顔絵

但し、必ず相手が見ていない所で、が原則です。またファイル方法なども、ご自分が捜しやすいように工夫してみて下さいね。

更新日:2006年11月08日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する