東京の観光・旅行/東京駅・丸の内・銀座

銀座

銀座中央通りに沿って、1丁目から8丁目が整然と並ぶ銀座エリア。まっすぐ歩いているだけでも表情がコロコロ変わるこの町の魅力を味わいます。各エリアで手に入る限定品もご案内。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1丁目から8丁目まで銀座を味わいつくす!

銀座のお洒落さは標識にも。銀座中央通り1丁目から8丁目にはこのような標識がわかりやすく立っています。1丁目からいざ出発! 

銀座のお洒落さは標識にも。銀座中央通り1丁目から8丁目にはこのような標識がわかりやすく立っています。1丁目からいざ出発!

頭上に首都高速道路が走る『銀座1丁目』から、銀座中央通りを南へ向かって歩いていくと、銀座1丁目から8丁目までがブロックごとに美しく並んでいます。中央通りと晴海通りが交差する銀座4丁目の交差点には、東京メトロの『銀座駅』があり、この街の中心。今回は銀座1丁目から8丁目までさまざまな表情をたたえる『銀座』を、銀座中央通りに沿って歩いてみることにしましょう。

【目次】
1丁目:静かな銀座で知る歴史&銀座スイーツ
2丁目~3丁目:ビルまるごと楽しめるショッピングエリア
4丁目~5丁目:ハイブランドと老舗が集結!
6丁目~7丁目:ギャラリー巡りでアートを楽しむ
8丁目:“花も実もある”お土産はこのエリアで


【1丁目】 静かな銀座で知る歴史&銀座スイーツ

銀座はちみつマカロン
銀座みやげに、銀座の味を閉じ込めたマカロンはいかが?

スタート地点の銀座1丁目周辺は、ビジネス街・京橋のすぐ隣ということもあり比較的大人しいエリア。これから歩いていく銀座2丁目~8丁目に比べると静かな雰囲気をたたえています。

その一丁目のランドマークといえばエリザベス・テイラーも滞在したことがある『ホテル西洋 銀座』。銀座中央通りに面して立つ、唯一のホテルです。1987年に開業し、客室数はたった77室というスモールラグジュアリーホテル。全ての客室には『バトラー』と呼ばれる身の回りの世話をするスタッフがつき、また今ではお馴染みの『コンシェルジュ』という役割のスタッフを置いたのは、この『ホテル西洋 銀座』が日本で初めてだそうです。

ところで、このホテルの地下1階・ケーキショップで、なんとも銀座らしいスイーツを手に入れることができます。その名も『銀座マカロン』。薄いマカロンにラム酒の利いたレーズンとバタークリームを挟んだもので、15年以上ひとつひとつ手作りで販売されてきたロングセラー商品です。別バージョンとして“銀座産”のはちみつを練りこんだバタークリームを挟んだ『銀座はちみつマカロン』も登場。銀座3丁目紙パルプ会館屋上で生産されたはちみつというなんとも驚きの素材を使ったマカロン、銀座土産にうってつけではありませんか! 銀座マカロンは1つ231円、銀座はちみつマカロンは315円です。

ガス燈
日本の文明開化の象徴・レンガとガス燈
さて銀座1丁目周辺には、銀座の歴史を知ることが出来る史跡が集まっています。『ホテル西洋 銀座』の前には明治初期の銀座の象徴・レンガとガス燈の碑が。その隣には、今はなき京橋川に架かっていた『京橋』の親柱があり、中央通りを渡った向かい側には江戸歌舞伎発祥の地を記した碑があります。高速道路の下にさりげなく史跡がある……これもまた銀座らしい一面です。

<DATA>
『ホテル西洋 銀座』
住所:東京都中央区銀座1-11-2 
TEL:03-3535-1111
営業時間:ケーキショップ 11:30~21:00
アクセス:東京メトロ『銀座』駅より徒歩5分


【2丁目~3丁目】 ビルまるごと楽しめるショッピングエリア

ビル丸ごと文房具。大人であってもワクワクする『銀座・伊東屋』は赤い大きなクリップマークが目印

ビル丸ごと文房具。大人であってもワクワクする『銀座・伊東屋』は赤い大きなクリップマークが目印

2丁目~3丁目は、地上数階、地下までまるごと楽しめるショッピングビルが多いエリア。中央通り沿いには名古屋発のファッションビル『メルサ Ginza-2』や、“上質”“美味しい”“丁寧”にこだわる女性のためのビル『銀座トレシャス』。並木通り沿いには銀座に残された数少ない広い土地に建てられた『銀座ベルビア館』。そしてマロニエ通りの入り口には、2007年、13のフロアにショップやレストランが入った新ランドマーク『マロニエゲート』がオープンしました。三丁目の『プランタン銀座』は、こうしたファッションビルの老舗的存在。全面リニューアルを行うなどして、“今”のニーズに応えたブランドが揃っています。

えんぴつ
微妙に色の違う色鉛筆が壁一面に並ぶコーナー。絵心がなくてもなんだかワクワク……!
さてそんな銀座2丁目、3丁目エリアにあって老若男女、誰でもが楽しめるショッピングビルといえば1904年・明治37年創業の『銀座・伊東屋』。銀座中央通りに面する2丁目の文房具専門店です。11フロアには国内の定番商品の他、伊東屋オリジナルの商品、欧米から直接買い付けた商品など、世界のステイショナリーが並びます。
そして、やはり気になるのは、『ココでしか買えないオリジナル商品』ですが……ありました! 江戸型染めの老舗『ポンピン堂』とのコラボレーション商品『守袋』。数あるデザインの中でも、大正時代に使われていた伊東屋のロゴマークと、女の子のデザインは、銀座・伊東屋でしか手に入りません。(オンラインでも購入できません!)手のひらサイズでぬくもりのあるデザインの守袋は2,520円です。

守袋
女の子(左)と、復活した伊東屋マーク(右)の『守袋』。プレゼントのパッケージとしても人気です

<DATA>
銀座トレシャス
住所:東京都中央区銀座2-6-5
TEL:店舗により異なる
営業時間:店舗により異なる
アクセス:東京メトロ『銀座一丁目』駅より徒歩1分
『銀座』駅より徒歩4分

銀座・伊東屋
住所:東京都中央区銀座2-7-15 
TEL:03-3561-8311
営業時間:月~土 10:00~20:00/日・祝 10:00~19:00
アクセス:東京メトロ『銀座』駅から徒歩2分


【4丁目~5五丁目】 ハイブランドと老舗が集結!

手前が『ディオール銀座』奥が『アルマーニ銀座タワー』。観光客の撮影スポットにもなっているスタイリッシュなスポットです

手前が『ディオール銀座』奥が『アルマーニ銀座タワー』。観光客の撮影スポットにもなっているスタイリッシュなスポットです

東京メトロの銀座駅にあたる銀座4丁目、5丁目付近は銀座エリアの中心。銀座中央通りと晴海通りの交差する銀座4丁目交差点を中心に、世界のハイブランドショップと、日本が世界に誇る店が軒を連ね、このエリアに高級感をもたらしています。

4丁目の交差点に立って晴海通りを有楽町方面に目をやるとそこには、真っ白な外観が印象的な『ディオール銀座』や、ガラスのブロックを壁面に使い文字通り光り輝く『メゾンエルメス』、そして世界初のスパやレストランまでもが入っている『アルマーニ銀座タワー』といったブランドの大型直営店が。その他にも『コーチ』『グッチ』『エミリオ・プッチ』といった世界のハイブランドショップが並んでいます。

一方、4丁目交差点、中央通り沿いはというと、日本が世界に誇るジュエリー・真珠の老舗『ミキモト』。あんぱん発祥のベーカリー『銀座木村屋』。そして約350年の歴史がある和文具・お香の老舗『東京鳩居堂』の本店がずらり。ちなみにこの鳩居堂の前の土地は日本で一番地価が高く、ニュースでもしばしば登場しますよね。私が通りかかったこの日も、ショッピングを楽しむおば様たちが「ここ、一番高いのよね! 」と興奮しながら地面を踏みしめつつ通り過ぎていきました。また「日本が世界に誇る……」といえば、4丁目、晴海通りを築地方面に向かったところにある『歌舞伎座』。現在は2010年4月の公演を最後に立て替え工事中ですが、早くも3年後にお目見えする新しい歌舞伎座に期待が集まっています。

銀座四丁目交差点
銀座の中心・銀座4丁目の交差点。ここから360度見渡すだけでも銀座らしさを満喫できます。左の時計塔が『和光』

さてこのエリアを高級感漂う場所にしている代表格といえば、4丁目交差点のシンボル・時計塔でおなじみ『和光』。結婚祝いや出産祝いなど、人生の節目の大切なギフトはやはり和光から贈りたい……贈り物をする時に絶大な信頼を寄せる人が多いお店です。明治14年(1881年)に創業した服部時計店の小売部門としてスタートし、今では『本館』『別館』の他、『インテリアショップ』『チョコレートサロン』など、様々な和光の店舗が銀座4丁目内に集まっています。店に並んでいる商品を見るのもさることながら、スタッフの受け答えの丁寧さも味わう価値アリです。

<DATA>
和光(本館)
住所:東京都中央区銀座4-5-11
電話番号:03-3562-2111(代表)
営業時間:10:30~18:00
休業日:日曜・祝日 
アクセス:東京メトロ『銀座』駅直結


【6丁目~7丁目】 ギャラリー巡りでアートを楽しむ

銀座エリアの中心・4丁目交差点付近を過ぎても、銀座は元気! その理由はお洒落、且つお財布に優しいとあって人気のファストファッションブランドが中央通り沿いに揃っているからです。5丁目にはメンズ館、ウィメンズ館が分かれている『ユニクロ銀座店』が。6丁目の松坂屋銀座店には5フロアにわたって『フォーエバー21』。そして7丁目には『H&M』の日本第一号店『GINZA gCUBE』がオープン。休日にはどの店にも行列が出来るほど賑わいをみせています。

また6丁目~7丁目は芸術の雰囲気が漂うスポット。画廊・ギャラリーが集まるエリアです。銀座は全体的にギャラリーが多い町ですが、6丁目~7丁目にあるギャラリーの多さは群を抜いています。中央通りはもちろん、細い道に入っても道に『〇〇展開催』などという看板が出ていて、中には驚くような超有名アーティストの特別展を開催していることもしばしば。巨匠の作品からモダンアート、写真、書、グラフィックアートまで、あらゆる美術品がこのエリアに集結しているのです。

ギャラリーの規模もさまざまで、『ギンザ・グラフィック・ギャラリー』のような企業が設立した大規模なものもあり、スペースに数枚の絵を飾っただけのこじんまりとしたギャラリーも……。そんな中、ちょっと面白い施設を発見しました!

ギャラリー
『メゾン・デ・ミュゼ・ド・フランス』。建物の外観からもフランスの空気が漂います
銀座7丁目、中央通りに並行しているすずらん通りにある『メゾン・デ・ミュゼ・ド・フランス』です。4フロアからなる建物には、フランスアートをテーマにした企画展を開催しているギャラリー、ミュージアムグッズのショップなどがあるのですが、地下1階のインフォメーションセンターが必見! 例えば「ルーブル美術館の入り口、どこから入るのが穴場か」「この時期にパリに行くけれど、どの展覧会が話題か」など、フランス美術に関する現地の最新“生”情報を、スタッフが何でも答えてくれるのです。

好きなアーティストの名前を出せば、彼らの作品がどこにあるかはもちろん、「絵画以外にも庭造りが得意で、彼にちなんだこんな庭がありますよ」とか、「庭造りが得意といえばこのアーティストも得意で……」など、フランス旅行を充実させてくれるガイドブックにはない情報を次々伝授。『メゾン・デ・ミュゼ・ド・フランス』。まさに銀座にあるフランスへの入り口といって良いでしょう。

インフォメーションセンター
フランスのアート、美術館に関する様々な書籍を閲覧できるインフォメーションセンター。スタッフの方たちの頭の中にも最新情報がギッシリです

<DATA>
ギンザ・グラフィック・ギャラリー
住所:東京都中央区銀座7-7-2 DNP銀座ビル1F
TEL:03-3571-5206
営業時間:11:00~19:00 土11:00~18:00
定休日:日曜・祝日
アクセス:東京メトロ『銀座』駅から徒歩5分

メゾン・デ・ミュゼ・ド・フランス
住所:東京都中央区銀座7-7-4DNP銀座アネックス
TEL:03-3574-2380
営業時間:11:00~19:00
*インフォメーションセンターは11:00~13:00、14:00~19:00
定休日:日曜・祝日
アクセス:東京メトロ『銀座』駅から徒歩5分


【8丁目】 “花も実もある”おみやげはこのエリアで

ふくふく袋
『伊勢由』の人気商品『ふくふく袋』。大きい方は2,350円、小さい方は750円。手前のふろしきと同じ柄が揃っています

銀座エリア、ラストは8丁目。1丁目から銀座中央通りを歩いてきましたが、ここではラストにふさわしく、おみやげ物探しはいかがでしょうか。

中央通り沿いの『資生堂パーラー 銀座ショップ』では、資生堂パーラーの製品が全て手に入るほか、ここにしかない『スペシャルチーズケーキ』『手焼き花椿ビスケット』もゲットできます。また日本一大きなおもちゃ屋さんとしてギネスブックにも掲載されたことのある『博品館』ではお子様向けおみやげが必ず見つかるはず。

そんな8丁目で、女性向けのおみやげを見つけられるお店としてオススメしたいのが、金春通りにある『伊勢由』。創業明治元年(1868年)、現在の場所で営業を始めたのが1933年という老舗の呉服屋さんです。店内に入ると美しい着物、帯などが目を楽しませてくれますが、コチラの大人気商品は若女将が中心となって作っている、オリジナルの“和の小もの”。ふろしきと同じ布で作ったエコバッグ『ふくふく袋』や、和のキャラクターがなんともキュートなガーゼのタオル、指輪などを無くさないように入れられる『まめ袋』などなど……クラシックテイストでありながら、今の時代にぴたりとあった商品を見つけることができるのです。「洋服にも合う“和の小もの”というのがコンセプト。アイディアがあって、なおかつ可愛らしい実力派をこれからも作っていきたいですね」という若女将の『あったらいいな』が詰まった才色兼備の“和の小もの”。女性への銀座土産に是非!

出産祝い
出産祝いとして人気の商品がコチラ。産着(3,700円)、ちゃんちゃんこ(6,300円)、お風呂あがりに気持ちのいいタオルは大人でも!(850円~)

銀座1丁目から8丁目。クラシックな香りあり、文化の香りあり、もちろん美味しい匂いも漂ってきます。くるくる変わる表情を楽しみながら、一度端から端まで歩いてみてはいかがでしょうか。

<DATA>
博品館
住所:東京都中央区銀座8-8-11
TEL:03-3571-8008
営業時間:11:00~20:00
アクセス:東京メトロ『銀座』駅から徒歩5分

伊勢由
住所:東京都中央区銀座8-8-19
TEL:03-3571-5388
営業時間:月曜~金曜 11:00~19:00
土曜 11:00~18:00
定休日:日曜・祝日
アクセス:東京メトロ『銀座』駅から徒歩5分

更新日:2010年05月19日

(公開日:2009年01月23日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する