部屋探し・家賃/賃貸物件の情報収集術

「貸主」「代理」「仲介」――取引態様ってなに?

賃貸物件を斡旋する不動産会社には、賃貸物件をどのような立場で預かっているかによって、ちょっとした違いがあります。それは、借主が払うお金にも関係すること。今回は、「取引態様」について取り上げてみました。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
不動産広告を見ていると、賃貸に限らず分譲でも「仲介」「代理」などの言葉が必ず明記されています。これって一体何のことなのか、ご存じですか?

取引態様って?

賃貸物件って誰からどうやって借りるのだと思いますか?

賃貸物件を持っているのは、いわゆる大家さんと呼ばれる人です。随分昔のことですが、部屋貸しを始めた時代は、口コミや「貸し部屋あります」などの貼り紙などをして入居者を募集していました。その後お互いのニーズをうまくマッチングさせる人が間に入った方がスムーズに部屋探しや部屋貸しができたことから、次第に中を取り持つ不動産仲介業が確立し制度も整っていきました。

そんな中で決められたのが「取引態様」です。

不動産の取引にはさまざまな形態が存在します。例えば、取引をする賃貸物件が自分のものである場合なら、それを借りたいという人を探して直接やり取りすれば、それは宅地建物取引業法(以下宅建業法)上は宅地建物取引業とはみなされず(宅建業法第2条2項)、宅建業法外となり宅建業法の規制外になります。したがって重要事項の説明等(宅建業第35条)は行われなくても法律違反にはなりません。
でも、中には自分ではうまく取引相手を探せないから、「入居者を探してくれない?」と不動産会社に頼る大家さんもいるわけです。

こういったケースに合わせて、不動産会社の「立場」を決めたのが「取引態様(とりひきたいよう)」と呼ばれるものです。

>>>取引態様には3種類ある

更新日:2014年02月15日

(公開日:2010年04月28日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    18

    この記事を共有する