通夜・葬式の弔問マナー/香典の相場と香典袋の書き方マナー

香典の書き方・表書き

香典袋の書き方やマナーをご紹介します。宗旨・宗派別の表書き、連名の場合の書き方などのポイントをおさえておきましょう。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

香典とは?

本来、香典を出すのは葬儀の日とされていましたが、現在は通夜、葬儀・告別式いずれかに持参します。

本来、香典を出すのは葬儀の日とされていましたが、現在は通夜、葬儀・告別式いずれかに持参します

本来、香典を出すのは葬儀の日とされていましたが、現在は通夜、葬儀・告別式いずれかに持参します。

香典とは「香を供える」という意味から由来していますが、貴重な品を提供するという意味に解釈することもできます。昔は葬儀となると近隣の人々に食事の振る舞いをしなければなりませんでしたが、それが多額の出費となるため、遺族は大きな負担を強いられることになりました。その負担を村全体で助け合うために、「食料」を提供したことが一般の民衆にとっての香典のはじまり。明治になって金銭香典が広まってきましたが、完全に食料から金銭に移行したのは戦後になります。

香典袋の書き方は?

■仏式
一般的なマナー本には、仏式の場合、四十九日以前は「御霊前」、四十九日後は「御仏前」を使う(浄土真宗では霊の存在がありませんので「御仏前」が適当となります)と書いてあり、多くの人はこの慣例に準じています。

しかし、ワンランク上のマナー美人を目指すなら仏式の場合「御香料(ごこうりょう)」「御香資(ごこうし)」「御香奠(ごこうでん)」を使ってみては。「お香をお供えします」という意味になりますのでこれなら浄土真宗でも失礼にあたりません。
※浄土真宗は日本一信徒数が多い宗派なので覚えておきましょう。

なお、蓮の花が印刷された市販の不祝儀袋は仏式の場合に用います。

■神式
神式でも「御霊前」は使用できます。ほかに「御榊料(おんさかきりょう)」「御神饌料(ごしんせんりょう)」「御神前」「御玉串料」などと書いてもOKです。

■キリスト教式
「お花料」が一般的です。カトリックでは「御ミサ料」も可(プロテスタントでは不可)。白百合や十字架が印刷された市販の不祝儀袋はキリスト教用です。

■無宗教式(宗旨・宗派にとらわれない葬儀)
一般的によく使用されるのが「御霊前」。「志」「お花料」「御香資」「御香料」でもOKです。

このように、宗旨・宗派によって表書きが変わってきますが、参列者側は必ずしも遺族の宗旨・宗派を理解しているとは限りません。あまり気にせずに自分の家の宗旨・宗派に準じた形でもよいでしょう。


更新日:2014年01月10日

(公開日:2009年07月17日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    44

    この記事を共有する