手紙の書き方・文例/敬語の使い方

間違っていませんか?様・殿など敬称の使い分け

手紙の宛名に使われる「様」や「殿」、「各位」または「貴信」「御地」などの言葉は、敬称・尊称などと呼ばれるものです。「様」や「殿」などは、手紙の宛名として必ず用いるものですが、これらの使い方も時折うっかり誤用例というのを目にすることがあります。知らずにうっかり間違いを防ぐためにも、改めてその意味と使い分けを見直してみましょう。

この記事の担当ガイド

心くばりのある生きた敬語の使い方、手紙の書き方ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

間違いやすい敬称とは?

間違っていませんか?様、殿などの敬称の使い分け

手紙の宛名に欠かせない敬称は相手への敬意を表すもの、適切な言葉を選びましょう

手紙の宛名に使われる言葉には、さまざまな種類があります。中でもよく使われるのは、「様」や「殿」のように相手の名前や役職名などの下に付ける言葉でしょう。これらはいずれも相手への敬意を表す言葉・敬称と呼ばれるものです。手紙の宛名を書く際に何気なく用いる敬称ですが、間違いに気付かずに使ってしまっている例や迷う例も多いようです。誤りや迷いを防ぐためには、まずはそれぞれの意味を知り、適切に使い分けることが大切です。では、そのような敬称の種類を見てみましょう。
 

氏名などの下に付けて尊敬語にする敬称の例

連名の場合も、それぞれに「様」を付ける

連名の場合も、それぞれに「様」を付ける

■「様」
目上、目下や男女問わずに用いられる一般的な敬称です。恐らく敬称の中では一番使われる頻度が高いでしょう。

使用例:
田中文雄様
人事部長 田中文雄様

NG例

「様」は名前の下に付けるものですが、連名の場合に「様」をいっしょにしてしまうのはNG。連名の場合も、田中文雄様 章子様 とそれぞれに付けます。

■「殿」
一般に、宛名が役職名の場合に用いられます。また、役職名のみでなく公用文では、「田中文男殿」のように使われることもあります。

使用例:
○○株式会社 人事部長殿

■「御中」
会社や学校、団体、官公庁などの機関・組織に対して用いられます。その組織に属するすべての人を指すものですから、一般の敬称というよりは、その組織内の人宛 という意味を持ちます。

使用例:
○○株式会社御中 

NG例:
○○株式会社御中 人事部長殿……×
このような例も時折目にしますが、「御中」は組織内の人宛という意味ですから、そこに「人事部長殿」や「田中文男殿」のように書くことは、宛名、敬称を重ねてしまうことになりNG。

■「各位」
複数宛にそれぞれに同一の文書を出す場合に用いられます。

使用例:
○○会員各位

NG例:
○○会員各位殿……×
「各位」とは、皆様方というような意味を持ちますから、「各位殿」や「各位様」のように様や殿を付けるのはNG。また、複数宛にそれぞれではなく、一通の文書を出すような場合に用いられるものに「ご一同様」があります。

これらは、氏名や役職名、会社名などの下に付けて敬意を表す敬称です。相手に対する敬意を表す言葉ですから、尊称とも呼ばれますので、敬称=尊敬語とも言えます。下に付けて尊敬語にするものは、様、殿、各位以外に、先生や校長などもそうですね。また他にも次のような語も敬称というものです。

次は、頭に付けて尊敬語にする敬称の例です >>

更新日:2012年06月19日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    26

    この記事を共有する