手紙の書き方・文例/敬語の使い方

手紙で間違いやすい言葉遣い・敬語ベスト3

対面での会話、電話応対、手紙での言葉遣いと敬語を使う場面は多いものですが、そのどれをとっても敬語の大切さは同じですし、基本や注意点も共通しています。手紙の中でよく使う言葉というのもいろいろありますが、いざ手紙を書き始めてみたものの、使い方に迷ってしまったり、うっかり間違えてしまったりということもよくあります。そんな手紙の中でもよく使われる言葉遣いや敬語の間違いも見直してみましょう。

この記事の担当ガイド

心くばりのある生きた敬語の使い方、手紙の書き方ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

言葉の意味を知って、場面によって使い分けて

手紙の中でも間違いやすい敬語ベスト3

手紙の中でもうっかり間違い敬語は多いもの、意味を知って使い分けて

敬語を使う場面といえば、人と直接会っての対面での会話、電話での会話、そして手紙での言葉遣いと、使う場面は多いものです。いざ、お礼状や挨拶状を書き始めてみたものの、言葉遣いや敬語の使い方で迷ったり、うっかり間違えてしまうということもありますね。迷いや間違いを防ぐためには、言葉の意味を知り、相手や場面に応じて使い分けることが大切です。

そんな手紙の中での、間違えやすいといわれる言葉遣いや敬語の、ベスト3によくあげられるものを見直してみましょう。

間違いやすい敬語・第3位:「各位」

A:「むさしの○○会員各位殿」
B:「○○保護者各位殿」

■正解と解説
これらはどちらも誤りです。ABともに、「各位」の使い方を間違えてしまっていますね。「各位」とは、集団の中のひとりひとりを指す敬った言い方で、皆様や皆様方という意味を持ちますので、「各位殿」や「各位様」では、言葉の意味が重複してしまいます。会員各位、会員の皆様、会員の皆様方(へ)などの使い方が正しい使用例です。

間違いやすい敬語・第2位「させていただきます」

A:「メールにて送らさせていただきます」
B:「先日郵送にて送らさせていただきました書類の件でございますが……」

正解と解説
こんな文面を目にすることも案外多いのではないでしょうか? 本来は、「送らせていただきます」が正しい使い方です。「させていただきます」の「させ」は使役の助動詞です。使役の助動詞は「させる」と「せる」とがあり、上一段、下一段、カ行変格活用の動詞の後では「させる」が付き、五段とサ行変格活用の動詞の後では「せる」が付くのが一般的です。ですから、五段活用の「送る」は「送ら+せる」ということになり、「送らせて」が正しい言い方です。

次は、一番間違いやすい言葉をご紹介します >>

更新日:2011年01月30日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する