転職のノウハウ/転職活動の応募のコツ

評価の高い志望動機、低い志望動機

志望動機は何でもいいというわけではない。なぜその会社でなければならないのかについて説明するときの着眼点は、本人の仕事の能力を判断するときに有効である。よって志望動機は、ただ求人企業を褒めるのではなく、説得力のあるものを事前に作り込んでおく必要がある。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
志望動機とは何か。「なぜ興味を持ったのか」これが正真正銘の志望動機である。なぜそのようなことをあらためて確認したかと言うと、志望動機を聞かれているのに志望動機とは到底思えないことを言う人が実にたくさんいるからである。

志望理由がわかりにくい事例

alt

あなたの志望理由、説得力があるだろうか

たとえば次の事例を見てほしい。

私はこれまで家電メーカーの人事部門で労務管理業務を担当してきましたが、外部への業務委託が進みましたので、会社の早期退職制度を利用して退職いたしました。これまで長年取り組んできた経験を活かせる仕事を探しています。店舗運営に関する御社求人を拝見しましたが、異業種の未経験者も積極的に採用されているとのことですので、私もお役に立てるのではないかと思い応募致しました。御社とご縁がありました際は、お客様に満足と喜びをお届けしたいと思います。

これは志望動機だろうか。もう一度読み直してほしい。「なぜ興味を持ったか」という問いに対して、まっすぐ答えているのはどの部分だろう?「異業種の未経験者も積極的に採用されている」という部分が、かろうじて質問に答えているだろうか。200文字あまり志望動機を書いているが、質問に答えているのは実に全体の1割にあたる20文字だけである。

わかりにくい志望理由は評価が低い

alt

志望理由が不明瞭だと面接官は混乱する

この事例を見て、何に気づくだろうか。まずは文章の構成を見てみよう。最初に自分は何者で、なぜ今の会社を辞めたのか、前置きから始めている。そして「経験を活かせる仕事」がしたいとは言っているが、労務管理業務を指しているのだろう。後半になると、「異業種の未経験者」でも応募できることに言及し、「お役に立てる」と言っている。あとは「お客さまに満足と喜びを届けたい」という言葉で締めくくっているわけである。話は続いているのだが、面接官が一番聞きたい「志望理由」がどこにあるのかがわからないため、これでは評価のしようがないだろう。

「なぜうちの会社、もしくはこの仕事に興味を持ったのか」という点において、果たしてこの志望動機を聞いた面接官は納得しただろうか。「なるほど!そんなに熱い理由で志望してくれたんだね!」と膝を叩く光景は残念ながら目に浮かばないのではないか。志望理由が悪いというよりも、上で紹介したケースはそもそも「志望理由を答えていない」のである。おそらくこれが一番多いパターンなので、是非自分の志望理由を見直してみてほしい。

更新日:2012年02月06日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    9

    この記事を共有する