食事ダイエット/太らない食べ方のコツ

「フルーツを食べると太る」は本当?太らない食べ方

果物は糖分が多くて太りやすいから食べない、と思っているダイエッターも多い様子。でもその一方で、ビタミン豊富で美容に良さそうというイメージも。となると、一体フルーツは身体に良いのかどうなのか? 今回はその疑問にお答えしましょう!

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フルーツを食べると太る? フルーツが持つ栄養素

果物

朝フルーツはダイエットにも美容にもプラス!

果物に含まれる栄養素は、ビタミンCをはじめとして、ビタミンEやビタミンB群などお肌に必要なビタミンや、鉄分など女性にうれしいミネラル類。そして、ダイエットには欠かせない、体脂肪合成を妨げてくれると言われる食物繊維、むくみを防ぐカリウムを豊富に含んだ食品です。そして、果物の甘さは果糖という糖分で構成されています。


フルーツの糖分は、中性脂肪に変わりやすい!?

体にうれしい成分がたっぷり含まれているにも関わらず、果物は糖分が多いから食べ過ぎないように、といわれるゆえんは、その糖分の性質にあります。

果物に含まれる果糖は、はちみつにも多く含まれている美味しい甘さ。甘さが強いわりにはあっさりとした後口で、冷やすとより口当たりが良く美味しく感じる性質があるので、市販の清涼飲料水などにも使われています。

果糖は消化吸収が早いので、運動中のエネルギー補給としても有効。その反面で中性脂肪に変わりやすいとも言われています。たくさん食べたり深夜に食べる習慣は、ダイエット中は控えたいところ。

更新日:2011年05月31日

(公開日:2011年05月30日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    29

    この記事を共有する