選び方・食べ方を変えれば、大好きなフルーツをしっかり食べながらダイエットできるんです! 朝・夜・食前・1週間など、フルーツごとに効果的に食べる方法があるので、上手に取り入れて無理なくキレイになりましょう。

「フルーツを食べると太る」と思っていませんか?

さまざまな健康効果がある、という研究結果が発表されています

果物は水分が多く、ケーキ等のように脂質などは含まれていませんから、100g当たりエネルギーは、スイーツと比べると低いです。また果物に豊富に含まれる食物繊維は満腹感にもつながり、うまく利用すれば、他の高カロリーのものと比べて、食べ過ぎ・カロリー過多を抑えるサポート役にもなるでしょう。

また果物は、様々な栄養素や食物繊維を含みます。この食物繊維は、血糖値の上昇を抑制する作用があります。エネルギーが低い割に、ビタミンCやカリウム、食物繊維の含量が高く、様々な栄養素がとれる果物は、日本糖尿病学会では1日1単位(80kcal)摂るようにと提案しています。

個々の果物や含まれる成分によっても異なりますががん予防に効果があることや、皮膚を引き起こす老化活性酸素を除去する、スポーツ後の疲労回復、骨粗鬆症予防、便秘予防や改善などにも役立つ可能性があるといった研究報告が見られます。

出典: 2/3 果物の健康情報のウソ、ホントと、摂り方の注意点 [食と健康] All About

フルーツの健康情報のウソvsホント

果物は甘いため、太ると思われることがあります。果物は、確かに糖質が含まれ、その主な糖質は果糖で、砂糖(ショ糖)より強く甘さを感じます。しかし、エネルギーは1gで約4kcalで、他の糖と変わりません。

出典: 果物の健康情報のウソ、ホントと、摂り方の注意点 [食と健康] All About

キレイ&ほっそりを目指す人にオススメのダイエット

痩せ体質を目指せる「朝フルーツダイエット」

消化の吸収を助けたり、毒素排出や新陳代謝を促進する「酵素」は、ダイエット成功のカギとなる成分。ビタミン、ミネラル、食物繊維を豊富に含むフルーツは、食べ方や時間帯を意識することで、ダイエットにも大いに役立てることができます。

出典: 「朝フルーツダイエット」でみるみる痩せ体質に! [食事ダイエット] All About

皮ごと食べて効果抜群「焼きフルーツダイエット」

フレッシュなフルーツを頬張ると、幸せを感じますよね。でもフルーツの食べ方は生だけじゃありません。皮ごと焼くと、甘みが増すだけでなく、栄養価が高くなるのです。リバウンドのないダイエット法としても注目が集まっています。

出典: 焼きフルーツで健康&ダイエット [食と健康] All About

フルーツと一緒に野菜もしっかり摂る「ローフードダイエット」

加熱したものは摂らず、生の野菜や果物をメインに食べる「ローフードダイエット」。週末だけの実践でも、むくみスッキリ&解毒作用を促す効果を期待できるんです。肌のくすみ&吹き出物改善といった、美容&アンチエイジング効果もありますよ!

出典: 3日で暴飲暴食をリセット!週末ローフードダイエット [食事ダイエット] All About

脂肪を燃焼する「朝ジュースダイエット」

野菜や果物は洗ってジューサーにかければ、調理時間も短縮。さらには、飲むだけで食事が完了するので、食事時間もぐぐっと短縮! ビタミンや食物繊維を手軽に補給して、美肌効果も期待しながらのダイエットにチャレンジしませんか?

出典: 脂肪燃焼!「朝ジュースダイエット」できれいにやせる [食事ダイエット] All About

栄養がギュッと詰まってる!「食前キウイ」でGI値をコントロール

糖分が気になる果物の中でもキウイはGI値が低いという特徴があります。キウイ摂取のタイミングとして、食事の30分前にサンゴールドキウイを食べることで、より血糖ピークが下がることも明らかになっています。

出典: キウイで健康的にダイエット!効果的な食べ方とレシピ [食事ダイエット] All About

朝食やおやつに「りんご」を賢く取り入れよう

「食物繊維」や「ポリフェノール」といったダイエット効果が期待できる成分は、りんごの果肉より皮に多く含まれています。特に水溶性の食物繊維「ペクチン」は、ダイエット中にはぜひ摂りたい成分です。

出典: 2/2 「りんごダイエット」の本当の効果とは!? [食事ダイエット] All About

ダイエットに効く!スーパーフードと言うべきフルーツ×5

ダイエット効果を期待できる、スーパーフードと呼ぶべきフルーツはこの5つ。
・洋梨
・グレープフルーツ
・バナナ
・オレンジ
・ブルーベリー
その効果を詳しくご紹介します。

出典: ダイエットに効く!スーパーフードの果物と菓子・飲料 [食事ダイエット] All About