大学生の就職活動/就職活動の準備

4年生向け 留年か、卒業か……それとも?

まだ内定がないなら、選択肢は「卒業する」「留年する」「卒業までに内定を取る」の3つ。どの道を選ぶかは君自身。ただ安易に決めないで欲しい。ギリギリまで自分の可能性を信じて欲しい。

執筆者:見舘 好隆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4年生の1月で、まだ内定が無いみなさんのための、処方箋。

別れ道
どちらの道を進むのか。決断の時。じっくり考えよう。
「まだ内定がありません。このまま卒業するべきでしょうか、留年して就職活動をやり直すべきでしょうか?」

この季節、よく相談を受ける内容だ。もっと早く相談してほしかったけど、もう時間は無い。なぜなら、留年するかどうかは、卒業を左右する授業のレポートやテストをクリアするのか、先生に相談して保留にするのかという瀬戸際だからだ。とりあえず、1週間前後で決めなくてはならない、この重要な課題について、今回は述べてみたい。

まず、選択肢を整理してみよう。学生が悩んでいる選択肢は2つだが、敢えて言えばもう1つある。そう、3/31までに内定を取ることだ。その3つめを加えて整理する。なお、ここでは進学・留学、公務員試験受験などは加味しない。
  1. 卒業をする。
    いったん卒業して、とりあえずフリーターになる。もしくは引き続き、新卒でも4月入社にこだわらない企業を探す。
     
  2. わざと単位を落として留年をする。
    わざと単位を落として留年し、一から就職活動をやり直す。
     
  3. 3/31までに内定を取る。
    卒業単位をしっかり取った上で、背水の陣で就職活動に挑む。


次のページから、1つ1つ、その道を選ぶメリット・デメリットを考えてみたい。

※次のページで、卒業をする道を選ぶ。

更新日:2010年06月07日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    1

    この記事を共有する