虫歯/神経を抜く治療・根幹治療

今さら聞けない! 神経抜くと歯はどうなる?

歯医者さんで「虫歯が深いので神経を抜きましょう」など言われた経験はありませんか? 歯の神経を抜くとはいったいどういうことなのでしょうか。 神経がある歯と無い歯は何が違うのか、分かりやすく解説します。

この記事の担当ガイド

歯のお悩みを読者目線で分かりやすく解説する現役歯科医師

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
歯医者さんで「歯の神経を抜きましょう」なんて突然言われて、自分では本当に納得できないまま同意しているようなこと、ありませんか? そんなことが無いように、今回は歯の神経を抜くとはどういうことなのか、解説していきます。

歯の神経ってどこにあるの?

歯の断面図

歯の神経は繊維のような神経ではなく血管など含んだ柔らかい組織

背骨の内部に脊髄があるように、歯の中心部には、歯髄(しずい)と呼ばれる細かい血管や神経が入り込んでいる場所があります。一般的に神経を抜くということはこの中心部の歯髄を取り除くことです。

歯の外側から穴を開け、内部の組織を取り除きます。一般的には細い針金のような道具を歯の中に差し込んで行ないます。

歯髄の役目は?

歯髄は、神経だけではなく血管などもあり、その血管を利用して、歯に栄養を送る働きをしています。その他にも、虫歯の細菌が歯の内部に侵入しようとするのを、防御しようとする働きなどもあります。

神経(歯髄)を取るメリット

■歯の知覚がまったく無くなる
虫歯で痛くなったり、冷たい水がしみたりなど、神経が無くなればまったく感じなくなります。 

■病気の進行を食い止められる

神経がある部分は歯の内部の通路の役割もするため、虫歯の細菌が歯の内部に進行するとその先の根の先の骨まで侵してしまうのを防ぐことができます。  

神経(歯髄)を取るデメリット

■歯が脆くなる
神経を取るとその周辺の細かい血管まで取ることになるので、当然栄養分が歯に行き届かなくなり脆くなります。そのため歯の寿命も短くなりがちです。 

■歯の色が変色する

神経を取った歯は、白ではなく褐色が目立つようになります。この場合、特殊は方法を用いて、神経を取った歯のホワイトニングが出来ることもあります。 

■数年先に痛くなることもある

神経を取ってしまえば一生涯、歯の痛みを感じないで済むなんてことは無く、神経を取ったあとの空間が感染を起こすと、数年を経過してから、痛みや腫れが出る可能性がリスクとして残ります。

治療期間が長くなり、費用もかかる
神経を抜く治療には、治療期間も長く、元の歯と同じような色や形にするために費用がたくさんかかります。 一般的に歯の寿命を考えるとメリットよりもデメリットの方が多くなります。しかし歯の痛みがひどければ、痛みを取る方がメリットがあると判断するため神経を取ります。

歯医者さんは神経を取るのが好き?

抜髄

歯の神経を抜く単価は低め

歯科医院では毎日のように神経を取る治療が行なわれています。そのため神経を取ることに何かメリットがあるんじゃないか? と思われがちですが、そんなことは無いようです。

神経を取る治療は、高度な技術が必要で時間や期間もかかりますが、治療の単価は低く抑えられているため、一般的に(神経を含めた)根の治療は治療回数が増えるほど、歯医者さんの収入には、つながらない傾向があります。

このため根の形が複雑で、長期にわたって根の治療を行なっている場合は、実はすごく良心的だといえます。



この記事を読んで良かったですか?

良かった

136

更新日:2015年06月25日

(公開日:2006年04月11日)

あわせて読みたい