睡眠/眠気のコントロール法

会議中コッソリ実行!眠気を覚ます技やツボ

春になって暖かくなると、気持ちが良くなって自然と眠たくなるものですね。でも、仕事中や運転中は眠ってはダメ! そんな眠気を吹き飛ばしたい時の、強い味方をご紹介します。

この記事の担当ガイド

日本を睡眠先進国にするため、正しい快眠習慣の普及に努める専門医

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「突然眠気に襲われた!」というときには
⇒ 眠気覚ましに効くツボ

会議が進むにつれて、眠気が襲ってくることってありますよね。気合を入れても、睡魔には勝てそうもない。そんなときには眠気覚ましに効果があるツボを、押してみてください。他の人に気付かれずに、頭をスッキリできますよ。

中衝(ちゅうしょう)
「すぐできるツボ押し」より
人に気が付かれずに、そっと押せますね

眠気覚ましの特効のツボがコレ。場所は、手の中指の爪の、人差し指側の生え際の2mmほど下です。大きく深呼吸しながら、反対の手の親指と人差し指で挟み込んで強く揉みます。左右の指とも、やりましょう。イライラする気分を落ち着かせる効果もあります。

労宮(ろうきゅう)
手のひらのほぼ中央で、手を握ったときに中指の先が当たるところにあります。ボールペンなどで、腕までズーンと響くくらいの強さで押しましょう。上半身の血行を良くするので、肩こりにも効果があります。

合谷(ごうこく)
「すぐできるツボ押し」より
頭痛やめまい、胃腸の不調にも効きます

眠気を抑え、全身の血行を良くするツボです。場所は、親指と人差し指のまたの間で、手を広げた時に、2本の指の骨が接する部分の少し指先側です。押し方は、まず、手の甲をつかむようにして、反対の手の親指を合谷のツボに爪を立てて当てます。そして、人差し指の方向に徐々に力を入れていきます。

他にも、うなじの中央の窪みから親指の幅だけ上にある「風府(ふうふ)」や、頭のテッペンの「百会(ひゃくえ)」、足の薬指と小指の間にある「足臨泣(あしりんきゅう)」、足の親指の爪角のわきの「陰白(いんぱく)」というツボには、眠気覚ましの効果があります。

ツボは、自分に合ったものを見つけるのが大切です。いろいろ試してみて、「マイ ツボ」を探し出してみましょう。

つまらなく思える会議でも、何か1つくらいは学ぶことがあるはず。睡魔を追い払ったスッキリした頭でしっかり会議に参加すると、きっと良いことがありますよ!


更新日:2009年07月22日

(公開日:2007年04月13日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    12

    この記事を共有する