統合失調症/統合失調症の原因・症状

【統合失調症】陽性と陰性、2つのタイプの症状 統合失調症ってどんな病気なの?

統合失調症は日常生活に大きな支障をきたす危険がある重大な心の病気です。その症状は多彩ですが、大きく言って、陽性症状と陰性症状の2つのグループに分けられます。統合失調症について詳しく解説します。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
症状は陽性、陰性の2つのタイプに分けられます
症状は陽性、陰性の2つのタイプに分けられます
統合失調症。代表的な心の病気の一つです。病気の発症は10~20代の若い年代が多く、発症の頻度は人口の1%ぐらいです。この病気は日常生活に大きな支障を生じさせる危険があり、軽くみることはできません。病気の発症後、治療を受けないでいると、それまでの生活のレベルを維持するのは困難です。今回は、この統合失調症とはどんな病気なのか、うまくイメージできますように、その症状をメインとして、お話ししたいと思います。


統合失調症の陽性症状と陰性症状

統合失調症の症状には、陽性、陰性の2つのタイプがあるのがポイントです。簡単に違いを言いますと、陽性症状は幻聴などのように、本来あるべきではないことがあるもので、陰性症状は感情の鈍磨など、本来あるべきものがないものです。陽性症状は病気の急性期に現れ、陰性症状は病気の発症後、徐々に目立ってくることが多いです。

陽性症状には次のようなものがあります。
・ 幻覚(幻聴、幻視など)
・ 妄想
・ 思考の障害(洞察力の欠如、支離滅裂な言語など)
・ 強いイライラ
・ 激しい興奮

陰性症状には次のようなものがあります。
・ 感情の鈍磨
・ 興味の喪失
・ 引きこもり
・ 意欲の低下
・ 身だしなみ、衛生面にかまわない
・ 食事に無関心
・ 気分の落ち込み

>>次に、病気発症前の危険な兆候をあげてみます。>>

更新日:2005年07月11日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    37

    この記事を共有する