統合失調症/統合失調症の原因・症状

【統合失調症】Vol 1.幻覚症状は精神病?

幻覚とは、ありもしないものを見たり聞いたりしてしまうことです。心を病むと、幻覚がよく起きます。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
幻覚とは、実際には存在しないものを知覚することで、声が聞こえてくる幻聴、幻が見える幻覚、また匂いを感じる幻臭などがあります。
 
●幻覚が見えたら精神病?

幻覚が見えると「精神病かしら?」と考えてしまう人がいますが、幻覚があったからといって、精神病とは、限りません。正常な人でも、特殊な状況下では、幻覚を経験する事があります。このような幻覚は、幻視、つまり、まぼろしをみているのが一般的です。人口の10%から27%の方が、幻覚を経験したという統計があります。寝起きや、寝入り時に幻をみることはよくあります。

●どんな精神病で幻覚はみられる?

様々な障害で幻覚の症状が認められますが、統合失調症の幻聴薬物中毒の幻視てんかんの幻臭が有名です。

次に代表的な幻覚の例として、統合失調症の幻聴について紹介します。

●統合失調症の幻聴

まず本人は幻聴を幻とは認識できません。幻聴が、あたかも誰かが喋っているような実際の声として聞こえます。そして、彼らを脅迫したり、責めたり、悪口が聞こえてきます。また、何かしようとすると、「するな」といちいち口を挟んできたりもします。例えばテレビのチャンネルを変えようとすると、「変えるな」と言われます。また、複数の人が会話をしているのが聞こえることもあります。自分自身の考えが声となって聞こえる事もあります。例えば、本を黙読していると、書かれている内容が一語一語、明確な声として聞こえてきたりします。

考えてみて下さい。みなさんも、もし突然、声が聞こえてきて、あれこれ言われるとびっくりし、大変怖く思われるでしょう。事実、統合失調症の人は、世の中がとても、怖い灰色の世界と感じます。始終、耳元で大きな声で、さまざまな事がガンガンと響き渡り、悪口を言われたり、あれこれ命令されたり、時には「死ね」などと言われ、たいへん怯えてしまいます。中には「死ね」と言われ、そのまま自殺してしまう人もいます。統合失調症では、10~15%の人が自殺してしまうという統計があります。予測の困難な場合が多く、大変な問題です。 

また「殺せ」という声を聞いて、人を殺してしまう事がごく稀にあります。実際、精神病者による犯罪は大きな社会問題となっていて、責任能力を問うのは、難しく、精神鑑定家による鑑定が必要となります。 

時々、電車の中など、公共の場所で、明らかに気が変な様子で、一人でぶつぶつと何やら呟いている人を見かける事があります。彼らはどうして、独り言を言っているのでしょうか? 幻聴が関係している場合もあります。そのような場合は、彼らは、聞こえてくる声に対して、返答しています。つまり、本人にとっては、会話をしているのですが、周りの人からみると、独り言なのです。このような状態では、精神科医の診断を受けて、適切な薬物療法を受ける事が必要で、場合によっては緊急入院となります。 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

科学的には、脳内の神経伝達物質であるドーパミンが、幻覚の発現に関与していると考えられています。そのドーパミンの働きと関係のある薬物が、精神科では用いられ、こうした薬物の効用で、幻覚の発現をコントロールすることができます。今も、幻覚の理解を目指して、さかんに研究が行われています。

AllAbout 関連記事
・ビューティフル・マインド

関連サイト
・統合失調症について

更新日:2003年08月12日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    16

    この記事を共有する